【ピックアップ】文章チェックに最適!校正・校閲、推敲ツールの「文賢」が超オススメ!

GoogelアナリティクスやGoogle広告の解析レポートをまとめて見られる「DataDeck」が快適すぎる!【PR】

GoogelアナリティクスやGoogle広告の解析レポートをまとめて見られる「DataDeck」が快適すぎる!【PR】

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。Web担当者さん、Webマーケターさんは、日頃、アクセス解析広告レポートを見ていますよね。

しかも、Googleアナリティクス、Google広告、Facebook広告、Search Consoleなどなど、あちこちのデータを見ていることでしょう。

今回は、そんなあれこれとデータを見ている方にオススメの解析レポート集約ツールをご紹介します。

※この記事はDataDeckよりインフルエンサープランを提供していただいております

様々なデータを1つに集約して確認できる「DataDeck」

様々なデータを1つに集約して確認できる「DataDeck」

DataDeckは、ヒートマップツールの「Ptengine」を提供している「Ptmind」が提供をしているデータ集約サービスです。

DataDeckのWebサイト

遠藤

【招待コード:d4t4d3ckgbs】を新規登録のときに入力すると、5,000円分のポイントが付いて、Datadeck有料版を利用する際に使用できます。

GoogleアナリティクスやGoogle広告、Search Console、Facebook、Twitter、YouTubeなどと連携をすることができ、それらのアクセス解析データをまとめて確認することができます。

もちろんPtengineと連携をすることもできます。

1つのツールでアクセス解析データを確認できる

DataDeckで連携できるサービス

とにかくDataDeckだけで、様々なアクセス解析データのレポートを閲覧できるので、いちいち、それぞれのツールを複数タブで開かなくて済みます。

Googleアナリティクスのデータを確認するのも

DataDeckでGoogleアナリティクスを見る

Google広告のレポートも

DataDeckでGoogle広告レポートを見る

Facebook広告のレポートも確認することができます。

DataDeckでFacebook広告レポートを見る

他にも、Yahoo!広告やGoogleアドセンス、Salesforce、MailChimpなどとも連携をすることができます。

ソーシャルメディアのアクセス解析レポートも見られる

DataDeckではFacebookページやTwitter、YouTubeのアクセスレポートを見ることもできます。

DataDeckでFacebookページのレポートを見る

YouTubeチャンネルのアクセス解析レポートも見られるのはありがたい。

DataDeckでYouTubeのレポートを見る

データのレポート作成も自由自在

DataDeckでは、自分に必要なレポート(ウィジェット)を自由に作成することができます。自分が見たいデータだけを、表示させることもできるので、とても利便性が高いです。

DataDeckでレポートを作る

レポートを作るのが苦手だという人には「テンプレート」が用意されているので、テンプレートを選ぶだけでレポートを作ることができます。

DataDeckにはアクセスレポートのテンプレートが用意されている

表示するデータも細かく設定をすることができます。

DataDeckで細かなレポートを作る

アクセス解析でフィルターやセグメントを使っている方も、十分に使えると思います。

データ(各サービス)の連携も簡単

DataDeckでアクセスデータと連携をする

各サービスとの連携も簡単です。例えば、自分が管理しているFacebookページの中でも特定のFacebookページを指定して連携することができるのも便利です。

DataDeckでFacebookページと連携をする

DataDeckのダッシュボードではレポートのフォルダ管理ができます。複数のクライアントがいて、複数のアカウントを管理運用している人には、ありがたいですね。

DataDeckでレポートをフォルダ管理する

他の人と共有することもできる

DataDeckのレポートは、他の人と共有することもできます。クライアントへのアクセスレポートなどをDataDeckで完結させてしまうこともできそうですね。

"DataDeckのレポートを共有する

定期レポートをメールで受け取れる

DataDeckで定期レポートを設定する

ただ、レポートを見るだけでなく、特定のデータをメールで受け取ることもできます。毎週の定期チェックの漏れや手間が軽くなりますね。

メールだけでなく、slackに送ることができるのも、さすがですね。

一部は日本語対応されていないものもある

連携できるサービスの中には、まだ日本語対応されていないものもあります。サービスとの連携自体はできるのですが、レポートでデータが表示されないものがありました。

DataDeckでレポートの数値が表示されない

おそらくは、ウィジェットで使用するデータフィールドが日本語対応していないことが原因だと思います。近いうちに対応されることを期待しています。

DataDeckの料金プラン

DataDeckの料金プラン

DataDeckは無料から利用することができます。Google広告やYahoo!広告と連携させたい場合は「スタートアップ」以上の契約が必要となります。

ちなみにインフルエンサープランでは「ビジネスプラン」を提供していただいております。

料金について詳しくは「どのプランがいいですか?|料金別プラン」をご参照ください。

気になる方は、まずは無料かお試し期間で利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA