WEBマスターの手帳 > WEB担当者 > 日本企業も取り組み始めてる!Gif画像共有サービス「GIFMAGAZINE」が面白い!

WEB担当者

2017年4月13日

日本企業も取り組み始めてる!Gif画像共有サービス「GIFMAGAZINE」が面白い!

日本企業も取り組み始めてる!Gif画像共有サービス「GIFMAGAZINE」が面白い!
Twitter 9 Facebook 7 Google+ はてブ 2 Pocket 1 チャットワーク Eight Feedly

日本では企業も含めてGif画像を積極的に使っているところは、まだまだ少ないですが、徐々にFacebookやTwitterでもGif画像を使った投稿を目にすることが増えてきた気がしています。

まだ少ないとはいえ、動画が持っているデータ量が多いという難点をクリアする手段として、また手軽に楽しめるコンテンツとしてGif画像への注目は高まっているのは確かですね。

WEBマスターの手帳でも「Gif画像」について紹介してきましたが、日本の会社が運営をしている、Gif画像専門のWebサービスがとても良かったので紹介します!

スポンサードリンク

Gif画像の投稿・作成・共有ができる「GIFMAGAZINE」

GIFMAGAZINE

GIFMAGAZINE

GIFMAGAZINEはGifアニメクリエイターのためのGif画像共有サービスです。Gif画像を投稿するだけでなく、YouTubeや動画、画像からGifコンテンツを作成することもできる便利なWebサービスです。

GIFアニメクリエイターのためのGIF投稿・検索・共有サービス。毎月5万作品が投稿される日本最大級のGIFアニメ共有コミュニティ。映像作家やアニメーター、イラストレーター、漫画家など様々なクリエイターがGIFアニメ投稿しています。
出典元:creative box, Inc. 株式会社クリエイティブボックス

様々なクリエイターがGifコンテンツを投稿しているので、いろいろ見ているだけでも本当に面白いですし、楽しいです!

クリエイターさんも見つけやすいので、企業としてgifコンテンツの制作を依頼するのもありですね。

シネマグラフもある

写真の一部だけが動いている「シネマグラフ」も沢山、投稿されています。見ているだけでも面白いし、インスピレーションを得られますね。

via GIFMAGAZINE

Gifマンガも面白い

Gifマンガ

全然知らなかったのですが「Gifマンガ」があるんですね。いくつか見てみたのですが、Gifとマンガの相性がよくて、かなり楽しめました。

積極的に使い始めている企業も

GIFMAGAZINEには「公式チャンネル」として、企業や団体がGifコンテンツを公開しています。いくつか紹介しておきましょう。

ローソン

via GIFMAGAZINE

タカラトミーアーツ

via GIFMAGAZINE

Denny’s

via GIFMAGAZINE

GIFMAGAZINEでGif画像を作る

最後にGIFMAGAZINEでYouTubeにアップロードした動画を使ってGif画像を作成する方法を紹介しておきます。

まずはGIFMAGAZINEにサインインをしましょう。
GIFMAGAZINEのサインイン

GIFMAGAZINEの画面右上にある「作成」をクリックします。
GIFMAGAZINEでgifを作る

YouTubeにアップロードした動画のURLを設定します(Vimeoの動画でも可能)。
GIFMAGAZINEでYouTubeの動画URLを入れる

動画の確認画面が表示されるので、OKであれば右下の「Next」をクリックします。
GIFMAGAZINEで動画を確認する

次に動画のどこをgif画像にするかを設定します。画面の下にタイムラインが表示されているので、gif画像にする始めと終わりの秒数雨を指定しましょう。
動画のどこをgifにするかを決める

最後にGifコンテンツのタイトルとタグを設定します。設定が終わったら、画面右下の「Publish」が赤くなるのでクリックしましょう。
gifコンテンツのタイトルとタグを設定する

Gifコンテンツの投稿(作成)が完了すると「投稿が終了しました」と表示されるので「投稿したGifを確認する」をクリックしてGifコンテンツを確認しましょう。
投稿したgifコンテンツを確認する

投稿したGifコンテンツのページからソーシャルメディアへのシェアや埋め込みコードなどを取得することができます。
Gifのシェアや埋め込みコード

Instagram用のgifをメールで送ってくれるので、サイズ加工などの手間も省けます。

埋め込みコードは、画像だけやリンクなど種類が用意されています。
Gifの埋め込みコード

Gif活用の可能性は広がっている

GIFMAGAZINEに投稿されているものをPCなどにダウンロードすることはNG(著作権フリーではない)が、FacebookやTwitterシェアすることはできます。クリエイターさんが作って公開しているGifをシェアするのも面白いでしょう。

また自社商品の宣伝や使い方などを動画ではなくGifで作ったほうがいい場合もあるでしょう。

Gif画像の特性である「リピート再生」をうまく使ってGifコンテンツを作るのもいいでしょう。ユニークなGifであればGIFMAGAZINEをキッカケに拡散されることもありそうですよね。

競合他社がGifに手を出していないのなら、Gifを活用することで差別化を図れるかもしれません。なんにしても興味がある方やアイディアが思い浮かんでいる方は、積極的にGifを取り入れてみてはどうでしょうか。

この記事をシェアして頂けると嬉しいです

LINEで送る
Pocket

この記事に対するあなたの評価をお教え下さい

星印をクリックして5段階評価で、この記事に対する、あなたの評価をお教え下さい。

ヒドイイマイチ普通良い凄く良い(投票数:1 、平均:5.00)
Loading...

Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

日本企業も取り組み始めてる!Gif画像共有サービス「GIFMAGAZINE」が面白い!
友だち追加

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  •  Web担当者のための勉強会
  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram
  • ほしいものリスト
  • 読みたい本リスト

最新記事一覧

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事