WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > Mediumでオウンドメディアが作れたり有料コンテンツの配信もできるようになる「Medium for Publishers」

Mediumでオウンドメディアが作れたり有料コンテンツの配信もできるようになる「Medium for Publishers」

Mediumでオウンドメディアが作れたり有料コンテンツの配信もできるようになる「Medium for Publishers」

「文章(テキスト)」にフォーカスをしているMedium。最近流行りのnoteもデザインでMediumを参考にしているとかいないとか。

WEBマスターの手帳でも「Medium」を取り上げたことがありますが、個人的にWEBに関係のない「意見や主張」はMediumでしているので、変わらず好きなプラットフォームです。

このMediumが新機能を追加して、大きくパワーアップしたので、ご紹介したいと思います!



Mediumでオウンドメディアを作れる

Mediumでオウンドメディアを作れる

Publishers – Medium

なんとMediumでオウンドメディアが作れるようになりました!これまでは個人アカウントがほとんどでしたが、今後はブランドやメディアとしてMediumが使われるようになっていくかもしれません。

海外ではすでにMediumをオウンドメディアのプラットフォームとして使い始めているところも増えてきているようです。

Medium ではパブリッシャーがパブリケーションのすべての管理権限を持っています。結果、CMS の管理や運用に注力するのではなく、本来であるコンテンツそのものや新しいユーザーを獲得するために注力できる環境をご用意しています。
引用元:パブリッシャーに優しいMediumを目指して — Medium

見た目のデザインも変えられる

Mediumのデザインを変える

Mediumというと「文章」にフォーカスをしたプラットフォームでしたが「Medium for Publishers」では、デザインや配色などを変更することができるようです!

パブリケーションの新しいブランディング・ツールとしてパブリケーションの各種配色やレイアウト、そしてナビゲーションが自由に変更できるようになりました。
引用元:パブリッシャーに優しいMediumを目指して — Medium

デザインを変えることで「見た目」のブランディングもできるので、これもオウンドメディアとしては必要な機能ですね。

参考(英語):How to Make Your Publication Look Great — Talkback — Medium

フォロワーへニュースレターが送れる

フォロワーへニュースレターが送れる

「Medium for Publishers」を使うと、自分たちのフォロワーに対してニュースレターを配信することもできるようです。

Send personalized email newsletters to your followers. You can import existing followers from Facebook and Twitter.
引用元:Publishers – Medium

スマホ対応もしている

Mediumのスマホ対応

このご時世です。スマホ対応していることは当たり前になりました。

Mediumも当然ながら、デフォルトでスマホ対応してくれています。

SEOにも対応

MediumのSEO

Mediumは以前からSEOに強いなと感じていたのですが、Medium自体も最新のSEOに随時対応していってくれるようですので、まさに「コンテンツづくり」に集中できますね。

Get optimized. You’re always up to date with the latest SEO enhancements.
引用元:Publishers – Medium

複数人での運営もできそう

Mediumを複数人で運営する

「Medium for Publishers」ではエディターやライターを複数人追加できるようです。

個人でやっていないかぎりオウンドメディア運営には複数人が関わるはずですので、とてもありがたい機能ですね。

Mediumでも収益化ができる

「Medium for Publishers」では収益化をすることもできるようになります。

広告表示、ネイティブアド(Mediumのパートナー企業のコンテンツを作成する)、有料コンテンツ制度と3パターンが用意されるようです。

WEBメディアなどでは収益化は大きな課題だと思いますが、自力で収益化をするよりも、プラットフォーム自体で収益化できる仕組みを取り入れてくれるのは、ありがたいですね。

Mediumでの収益化については「Mediumで収益化に向けたベータ版プログラムがスタート — Medium」が参考になります。

個人的には有料コンテンツの配信が気になる

個人的には「有料コンテンツ制度」が気になっています。まだ一部のアカウントのみの対応とのことですが、一般公開されたらぜひとも使ってみたい機能です。

最近はnoteが流行っていますが、WEBコンテンツを収益化する方法として閲覧を有料にするというのは、いい方法だと思っています。

コンテンツを作っている人に対して正当に報酬を渡る仕組みとして、もっと広がっていくことを期待していますし、自分自身のコンテンツも収益化を進めていきたいなと考えています。

現在 Medium では特定のパブリケーションを開設し、メンバー会員のみがコンテンツを閲覧・投稿できる空間を提供しています。読者は月間の会員費を対象のパブリケーション、発行者に支払う形式になります。
引用元:パブリッシャーに優しいMediumを目指して — Medium

これからもMediumから目が離せない!

Mediumの今回のアップデートはまだまだ完了したわけではなさそうです。常に時代の流れ(GoogleのAMPやFacebookのInstant Articlesなど)に対応していってくれるようです。

自分たちでプラットフォームを用意していると自分たち自身で対応しなければいけないことも、Mediumを使えばMedium側で対応してくれるので手間がかからず、かつ対応に伴うトラブルも少ないでしょう。

自分たちが何に対応していくのかを決められないという問題は出てくるかもしれませんが。

今後は Facebook の Instant Articles や Google の Accelerated Mobile Pages(AMP)ヘの対応を検討しています。
引用元:パブリッシャーに優しいMediumを目指して — Medium

WordPressとの相性が合わない人は移行してもいいかも

MediumのWordPressプラグイン

WordPressで情報発信をしているけど、どうもWordPressは自分には合わないという人はMediumに移設するのもありかもしれません。

WordPressからMediumへの移設方法:
How to move to Medium – Medium Support
Migrate your WordPress blog to Medium – Medium Support(英語)

WordPressの更新をMediumへも流すWordPressプラグイン(Medium WordPress plugin – Medium Support)もあるようです(コピーコンテンツ扱いにならないのか心配ですが)。

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


【オンライン講座】会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

企業が集客や売り上げUPに役立つためのFacebook、Twitter、Instagram、YouTube、企業ブログなどSNS(ソーシャルメディア)を活用するために必要や知識や理解を徹底解説!

企業ブログ(オウンドメディア)の重点解説も付いているので、SNS活用の初心者だけでなく、ビジネスでブログを活用したい!という方にもオススメの講座です!

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

あなたにオススメする記事

この記事を書いた人

遠藤 聡

中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。
無料のメール相談も受け付けております。詳細は無料メール相談ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事

寄稿記事

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事