fbpx
【オンライン研修】会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座(企業ブログ活用の重点解説付き)

【F8】Facebookアプリ内でブログ記事が閲覧できる「Instant Articles」が一般公開された!

【F8】Facebookアプリ内でブログ記事が閲覧できる「Instant Articles」が一般公開された!

WEBマスターの手帳でも以前にお伝えした「Instant Articles」がいよいよ一般公開されて、どのWEBサイトでも導入できるようになりましたね。

GoogleのAMPと共に、WEBメディアやオウンドメディア(企業ブログ)にとって大きな影響を与えるかもしれません。

改めてInstant Articlesとは

Instant ArticlesはスマートフォンのFacebookアプリ上でWEBコンテンツ(記事や動画など)を閲覧できる仕組みです。メディアサイトなどがFacebookのサーバー上にWEBコンテンツを提供することでFacebookアプリからブラウザアプリに移動することなくニュース記事などを閲覧できます

「Instant Articles」では、いちいちモバイルブラウザが起動して、WEBページが表示されるというアクションを待つ必要がなくなります。つまりブログ記事の表示速度が格段に早くなり、スマートフォンでのユーザー体験が向上するわけです。

FacebookとWordPressが手を組んでInstant Articlesに対応するためのWPプラグイン開発中。 | WEBマスターの手帳

クリック数が20%増える?シェア数が30%増える?離脱率は70%も低減する?

Facebookの発表によると「Instant Articles」を導入することで、クリック数は20%の向上、シェア数は30%の向上、離脱率は70%の低減という結果があったとのこと。

Instant Articlesの成果

これはオウンドメディアを運営している企業やWEBメディアを運営している企業にとって、かなり魅力的ですね。

すべてのパブリッシャーが使えるようになった

すでに誰でも「Instant Articles」を導入できるようになっています。導入にはInstant Articles | Facebookにいって「Sign Up」をクリックしてセットアップしましょう。

設定方法は英語表記のみですが、1つ1つ進めていけば、プログラマーやWEBサイト制作者の方ならできると思います。

出典元:https://fbinstantarticles.files.wordpress.com/2016/04/fb013i_instantarticlesonboarding.pdf

出典元:https://fbinstantarticles.files.wordpress.com/2016/04/fb013i_instantarticlesonboarding.pdf

アナリティクスツールもある

「Instant Articles」はWEBコンテンツをFacebookアプリ内で閲覧します。つまりFacebookアプリの外に移動しません。そうなると「アナリティクス分析」はどうなるのか気になるところですよね。

残念ながらGoogleアナリティクスは未対応のようですが、Adobe Analytics, Chartbeat, comScore, Nielsen, Parsely, SimpleReachは「Instant Articles」に対応しているようです。

Analytics Tools

参考:Facebook Media – Instant Articles Partners

WordPressプラグインも公開に

WEBマスターの手帳でも「FacebookとWordPressが手を組んでInstant Articlesに対応するためのWPプラグイン開発中。 | WEBマスターの手帳」にて、WordPress向けのプラグインが開発されているとお伝えしましたが、すでに完成して公開されています。

WordPress以外のWEBサイト向けにも様々なツールが公開されています。

WordPressプラグイン:Instant Articles for WP — WordPress Plugins

Publishing Tools