WEBマスターの手帳 > Webサイト作成 > jimdo > Jimdoで作ったホームページが検索しても見つからない時に確認すべきこと。

2015年11月21日

Jimdoで作ったホームページが検索しても見つからない時に確認すべきこと。

jimdoで作成したホームページがGoogle検索でいくら調べても見つからない。そんな時には、ホームページのSEOをチェックしてみましょう。

会社名や商品名・サービス名などで検索しても表示されないのは、あるだけのホームページとしても役に立たないですよね。せめて、企業名や商品名で検索をしたら検索結果の1ページ目内には表示されるようにしたいですよね。



SEOとは

まず「SEO」という言葉をご存知でしょうか?「Search Engine Optimization」の頭文字をとってSEO。意味は検索エンジン最適化です。

検索エンジン最適化とは、Googleやyahooなど検索サービス検索をした際に、検索結果ページの上位に表示されるように、各検索サービスに合わせてホームページを作っていくということです。

ちなみに、Google検索で1位に表示された場合のクリック率は31.24%、2位は14.04%、3位は9.85%となっています。この数字を見ただけでも、なるべく上位にホームページが掲載されることの重要性がわかりますね。

1442070696

上位表示は簡単なことではない

検索をすれば「上位表示する方法」は沢山見つかると思います。書籍も沢山出ています。ですが、SEOで重要なことはたった1つです。それは「ホームページに来た人にとって有意義で価値があるホームページであること」です。

この基準を忘れなければ、世の中に溢れかえっている「小手先の手法」に踊らされて、痛い目にあうことはないと思います。

そして、やってみるとわかると思いますが、SEOとは簡単にできるものではありません。日々の労力の積み重ねの上に成せることです。

Jimdoで最低限やっておくべきSEO

SEOには様々な要素がありますが、ホームページという箱の最適化もその1つです。Jimdoでホームページを作成する際に最低限やっておくべきSEOをご紹介いたします。

JimdoのSEO設定

Jimdoには、簡単にSEOを設定することができる機能が備わっています。

Jimdoのseo設定

JimdoのFree版をご利用の場合は、SEOを設定できるのは、「ホーム」と「ページタイトル(全ページ共通のホームページ名)」2箇所だけです。「ホーム」以外の新規追加したページ(例:会社概要、商品ページなど)のSEO設定をするにはPro版にアップグレードする必要があります。

Jimdoの ホーム ページのseo

JimdoのSEOには、ちょっと工夫が必要

Jimdoでは「ホーム」のSEO設定で工夫する必要があります。先に答えを書くと、ホームのページタイトルは検索結果を想定して作るべきということです。

Jimdoにおいて「ホーム」は、ホームページのTOPページを意味します。通常はTOpページにはページタイトルを用いるのですが、Jimdoでは他のページと同様に扱われます。

ややこしいですね。どういうことかというと、Jimdoでは検索結果の表示において、各ページタイトルが先に表示され、その後に全ページ共通のページタイトルが表示されるようになっています。

Jimdoの ホーム ページのseo

この構成は「ホーム」のページも同じです。つまり「ホーム」のページで、ページタイトルを「ホーム」と設定すると「ホーム-全ページ共通のページタイトル」の順で表示されます。

SEOでは文章の先頭ほど重要です。そのため、「ホーム-全ページ共通のページタイトル」の順では「ホーム」が最も重要な言葉として扱われてしまいます。ですが、「ホーム」という言葉で検索する人がいるでしょうか?

会社名や商品名で検索して見つからない場合には、ここを設定していなかったり、ホームとしていたりすることがあります。

新規のお客様を検索経由で獲得したい場合には「ホーム」のページタイトルは命をかけるつもりで、考えましょう。「お客様が検索で使うであろう言葉」を使って28文字以内の文章を作り、その文章を「ホーム」のページタイトルとして使うといいでしょう。

ページ概要も手抜きなく

ページ概要もテキトウに入れたり、単語を並べるだけなどはよくありません。お客様が検索するときに使うであろう言葉を使いながら、各ページの説明文を作りましょう。

また全てのページで同じページ概要を設定するのは厳禁です。全てのページはそれぞれ異なる内容のはずですので、内容に合わせて説明文を作りましょう。

Googleにホームページの存在を知らせる

SEOではGoogle検索にホームページの存在を認識してもらい、ホームページの情報をGoogleが貯蓄している情報に保存してもらう必要があります。

SEO機能はあくまでも、ホームページ側の設定であり、そのまま何もしていなければ、Googleがホームページの存在を認知するのを待っていなければいけません。こちらから何のアプローチもせずに気長に待ってる間は検索結果にも表示されません。

Googleがホームページの情報を保存するかどうかは、Googleの判断なので、こちらで管理することはできません。ですが、Googleにホームページの存在を、こちら側から知らせる方法はあります。

その方法というのが、GoogleにホームページのURLを知らるです。Search Console(旧:ウェブマスターツール)にホームページを登録するのがベストですが、最低でもホームページのURLをGoogleに送って、「ここにホームページがあるよ」と連絡(リクエストを送信)しましょう。GoogleにURLを送る

最低限のことはやっておきましょう

Jimdoで作成したホームページが検索しても表示されない場合は、「JimdoのSEO設定」「Googleにホームページの存在を知らせる」の2つを最低限でもやっておきましょう。

Pro版以上を使っている方は、Googleへのサイトマップの送信もお忘れなく。

関連用語:

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事一覧

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事