fbpx
【札幌 10/22】2時間でわかる「Google検索で上位表示するための知識と実践法セミナー」でお話しさせて頂きます!

YouTubeライブがライブストリーム(ベータ版)になっていたので試してみた。

YouTubeライブ(Google+ハングアウトオンエア)をしようと思って「クリエイターツール」を開いたら「ライブイベント」が無くなって「ライブストリーミング」という項目になっていたので、試してみました。

試してみた感想としては、Google+との別れを決めたYouTubeライブがUSTREAM化した印象です。

YouTubeライブストリーミングにはエンコードソフトが必須になる?

YouTubeライブストリーミングにはエンコードソフトが必須になる?

以前まではYouTubeライブは、実際にはGoogle+ハングアウトオンエアをしている状態(エンコードソフトを使うことはできた)で、かなりややこしくて分かりづらかったです。

ライブストリーミング(ベータ版)ではエンコードソフトが必要になっていました。おそらくYouTubeとGoogle+との連携を切るためにGoogle+ハングアウトオンエアとの繋がりも切るということでしょう。

ライブストリーミングの画面右側の解説スペースにYouTubeが推奨しているエンコードソフト一覧へのリンクがあるのですが、正常に機能していないので、リンク先へ飛ぶことができません。リンク先は:エンコーダの設定 – YouTube ヘルプです。

Wirecast Playの無料版で試してみた

Wirecast Playの無料版

自分はライブ配信については詳しくなく、以前にUSTREAMで配信をした際にはUSTREAMの公式アプリを使ったため「エンコードソフト」を持っていませんでした。

配信先にYouTubeを設定できるエンコードソフトが必要ということで、YouTubeが推奨しているエンコードソフト一覧から、とりあえず「Wirecast Play」の無料版をダウンロードして使ってみました。ゲーム配信ではなくブロードキャストに向いているは「XSplit Broadcaster」と「Wirecast Play」の2つです。

エンコードソフトなので、インターフェースもUSTREAMのときとほぼ同じですね。
Wirecast Play

YouTubeライブストリーミングでライブを始めるには、Wirecast Playで配信先にYouTubeを設定する必要があります。配信先が設定されていない状態で画面上部の「ストリーム」ボタンをクリックすると配信先を選ぶ画面が表示されます。
Wirecast PlayでYouTubeを指定する

YouTubeを選択してOKを押すと配信先用のYouTubeの設定画面が表示されます。
Wirecast PlayでYouTubeを設定する

ユーザー名の右側にある「認証」をクリックするとGoogleアカウントとの同期画面が表示されるので、配信先のYouTubeチャンネルと紐付いているGoogle+アカウントを選択します。
Wirecast PlayでYouTubeと同期する

認証が完了すると、同期したGoogle+アカウントと紐付いているYouTubeチャンネルのライブストリーミング情報がWirecast Play側に反映されます。
Wirecast PlayとYouTubeの同期が完了

これで配信先の設定が終わったので、OKを押して配信用の画面に戻ります。音声や映像の設定をしたら「ストリーム」ボタンをクリックすると配信が始まります。

YouTubeライブストリーミングを試しながらの雑談

今回、試しにライブストリーミングをしたときの動画です。Wirecast Playの無料版は配信中に映像上にロゴの透かしが入るのと、音声が入り込んでしまうので、本格的にやるなら有料版が必要ですね。

有料版も7,000円ぐらいなので手が出せる範囲なので、この際に購入してもいいと思います。

Google+ハングアウトオンエアは楽だったけど、エンコードソフトが必要となると色々分からないこともある。試行錯誤ですね。