WEBマスターの手帳 > WEBサイトに商品の購入ボタンを簡単に設置できる「STORES BUTTON」

2015年6月9日

WEBサイトに商品の購入ボタンを簡単に設置できる「STORES BUTTON」

WEBサイトで商品を販売したい。でも、ECサイトをわざわざ作る程でもない。手軽に商品を売ったりできないかなという、あなた!

簡単にオンラインストアが作れる「STORES」から「ストアボタン」をWEBサイトへ貼り付けられる機能が提供されていますよ。



STORES BUTTON

STORES BUTTON

STORES.jp BUTTON

STORES BUTTONを使うとシンプルな「購入ボタン」が作れます。商品の追加も簡単なのでオンラインストアに取り組みたい方にはSTORESはオススメです。

STORES BUTTONで作れるボタン

STORES BUTTONの設置方法

STORES BUTTONをWEBサイトに設置するまでの流れを載せておきます。

STORESのアカウント作成

STORESのアカウントを作る

STORES BUTTONを作るには「STORES」のアカウントが必要ですので、アカウントを作成しましょう。Facebookアカウントを使ったソーシャルログインも可能です。

STORES.jp|オシャレなネットショップを最短2分で無料作成

STORESの手数料は「決済手数料5%」です。詳細はSTORESのWEBサイトにてご確認ください。

アイテムの追加

STORESのアカウントを作成したら「アイテム(商品)」を追加しましょう。
STORESで販売アイテムを登録する
STORESにアイテムを追加する2

アイテムの追加と共に「アカウント設定」で振込先口座の設定や「特定商取引法に関する表記」の設定もしましょう。

ちなみに「STORES BUTTON」のページの「販売アイテムの登録」も結局はSTORESでアイテム追加することになります。
STORES BUTTONで販売アイテムの登録

STORES BUTTONの貼り付け用コードを生成する

アイテムの追加が完了したら「STORES BUTTON」のページで「販売するアイテム」を選択します。
STORES BUTTONで販売アイテムを選ぶ

販売するアイテムを選択したら「貼り付けコードを生成する」をクリックするとコードが表示されます。
STORES BUTTONの貼り付けコード

WEBサイトへ貼り付ける

生成された「貼り付けコード」をコピーして、WEBサイトの任意の場所に貼り付ければ完了です。

実際に購入ボタンを設置してみる

BASEやPayPalなどでも「購入ボタン」や商品をWEBサイトへ貼り付けることはできるので、何を売るか、誰に売るのか、デザイン面でのWEBサイトとの一貫性なども考慮しながら、使うツールを選べますね。

選べるって幸せだ。

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


【オンライン講座】会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

企業が集客や売り上げUPに役立つためのFacebook、Twitter、Instagram、YouTube、企業ブログなどSNS(ソーシャルメディア)を活用するために必要や知識や理解を徹底解説!

企業ブログ(オウンドメディア)の重点解説も付いているので、SNS活用の初心者だけでなく、ビジネスでブログを活用したい!という方にもオススメの講座です!

あなたにオススメする記事

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事を書いた人

遠藤 聡

中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を承っております。
無料のメール相談も受け付けております。詳細は無料メール相談ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事

寄稿記事

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事