WEBマスターの手帳 > Twitterでコメント付きリツイートが公式対応して便利になったね。

Twitterでコメント付きリツイートが公式対応して便利になったね。

Twitterに投稿できる動画が最長140秒になったぞ。

Twitterで他の人のツイートをリツイート(ReTweet)する時に「コメントを付けて」リツイートする。Twitterを使っている人なら、1度はやったことありますよね。

と言っても、今までTwitterの機能として「コメント付きのリツイート」はありませんでした。それがついに「Twitterが公式対応」してリツイートする時にコメントを書き込んでツイートできるようになりました。



引用ツイート

引用リツイート

以前まではTwitterクライアント(Twitterアプリ)にある「コメント付きのリツイート機能」を使うか、リツイートしたいツイートをコピペして「コメント RT」を付け加えてからツイートするという、すごく面倒くさい方法しかありませんでした。

以前までのやり方:「Twitter」でコメントをつけてリツイート(非公式リツイート)する方法 | nanapi [ナナピ]

コメント付きのリツイートがしやすくなった

公式の「引用ツイート(コメント付きリツイート)」が追加されたことで、たった2クリックで「コメント付きのリツイート」が出来るようになったのは便利ですね。

今まで通りに「リツィート」ボタンをクリックすると「コメント欄」が表示されます。
コメント付きのリツイート

コメントを書いて「ツイート」をクリックで完了!
コメント付きのリツイートする

参考:Twitterヘルプセンター | ツイートのリツイート

コメントできる文字数が増えた

以前は「コメント RT @TwitterID ツイート」という形(非公式のやり方)だったため、文字数制限により、一言コメントぐらいしかできませんでした。

コメントを長くすると「引用した部分(元のツイート)」が減るので、分かりづらくなってしまいます。

新しくなった「引用ツイート」は、元のツイートの文字数に関係なく、116文字までのコメントを付けられるので、会話も分かりやすくなりますね。。

関連用語:

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


【オンライン講座】会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

企業が集客や売り上げUPに役立つためのFacebook、Twitter、Instagram、YouTube、企業ブログなどSNS(ソーシャルメディア)を活用するために必要や知識や理解を徹底解説!

企業ブログ(オウンドメディア)の重点解説も付いているので、SNS活用の初心者だけでなく、ビジネスでブログを活用したい!という方にもオススメの講座です!

あなたにオススメする記事

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事を書いた人

遠藤 聡

中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を承っております。
無料のメール相談も受け付けております。詳細は無料メール相談ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事

寄稿記事

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事