WEBマスターの手帳 > Webサイト作成 > WordPress > とっても簡単に料金表が作れるWordPressプラグイン【Easy Pricing Tables】

2015年4月7日

とっても簡単に料金表が作れるWordPressプラグイン【Easy Pricing Tables】

WEBサイトでサービスを紹介する際に「料金表を載せたい」ということってよくありますよね。

テーブルタグで作ったり、画像にしたり、作り方は色々ありますが、WordPressであればプラグインを使って、とっても簡単に料金表を作ることができます。



Easy Pricing Tables

とっても簡単に料金表が作れるWordPressプラグイン【Easy Pricing Tables】

WordPress › Easy Pricing Tables Lite by Fatcat Apps « WordPress Plugins

Easy Pricing Tablesを使うと、こんな↓料金表が簡単に作れます。
Easy Pricing Tablesで作る料金表

Easy Pricing Tablesでの料金表の作り方

Easy Pricing Tablesの使い方を載せておきます。まずはEasy Pricing Tablesをインストールして、有効化しましょう。

Add Newで新規追加する

Easy Pricing Tablesで新規追加

有効化できるとダッシュボードの「設定」の下に「Pricing Tables」という項目が表示されます。その中の「Add New」をクリックして、料金表を新規追加します。

料金表の項目を作る

料金表の項目を作る

contentタブをクリックすると「料金表」の設定ができます。ここで料金プランを増やしたり、料金名や料金などを設定します。

料金表の見た目を設定する

基本設定

料金表の見た目の設定

タブの右側「Design」をクリックすると料金表の見た目の設定画面に切り替わります。

General Settingでは「注目のプランの見出し」の文言や表の角を丸める設定が出来ます。

フォントの設定

料金表のフォントの設定

Font Sizeでは料金表内のフォント(文字)の設定ができます。

ボタンの設定

料金表のボタンの設定

Button Colorでは「料金表のボタン」の色の設定ができます。

カスタムCSS

料金表のカスタムCSS

CSSが書ける人は「カスタムCSS」に直接、CSSを書き込むこともできます。

固定ページなどに表示させるには

料金表を作っていると「投稿」のようにページができていて、固定ページ内に表示させたりできない?と思われるかもしれませんが、ちゃんと固定ページの好きな場所に表示させることができます。

ショートコードの取得
contentの下の方に「Deploy(Get shortcode)」というボタンがあります。ここをクリックします。

料金表のショートコード
作成した料金表のショートコードが表示されるので、これを固定ページ内の任意の場所に貼り付ければ、そこに料金表が表示されます。

WordPressのプラグインってトラブルの種にもなるけど、本当に便利ですね。ただ愛用しすぎるのはリスク高いなともつくづく思う。

関連用語:

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


【オンライン講座】会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

企業が集客や売り上げUPに役立つためのFacebook、Twitter、Instagram、YouTube、企業ブログなどSNS(ソーシャルメディア)を活用するために必要や知識や理解を徹底解説!

企業ブログ(オウンドメディア)の重点解説も付いているので、SNS活用の初心者だけでなく、ビジネスでブログを活用したい!という方にもオススメの講座です!

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

あなたにオススメする記事

この記事を書いた人

遠藤 聡

中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。
無料のメール相談も受け付けております。詳細は無料メール相談ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事

寄稿記事

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事