WEBマスターの手帳 > WEB担当者 > GoogleボットがWEBサイトを正しく認識しているかを確認できるFetch as Googleのレンダリング機能。

WEB担当者

2015年3月28日

GoogleボットがWEBサイトを正しく認識しているかを確認できるFetch as Googleのレンダリング機能。

Twitter 1 Facebook Google+ はてブ 1 Pocket チャットワーク Eight Feedly

WEB担当者の方ならすでにご存知の方も多いと思いますが、Googleがウェブマスターツールの「Fetch as Google」の機能をバージョンアップしましたね。

まだ「Fetch as Google」を使って自社のWEBサイトを確認していないという方は、確認することをお勧めします。特にモバイル対応後にモバイル検索での評価を上げたいと考えている方は必須ですね。

スポンサードリンク

ウェブマスターツールのFetch as Google機能

「Fetch as Google」はウェブマスターツールの「クロール」内の機能です。Googleボットと人(ユーザー)と、それぞれからWEBサイトがどのように見えているのか(認識されているのか)を確認することができます。

Fetch as Googleは以前からあった機能ですが、「レンダリング」ができるようになりました。(レンタリング:得られたデータを画像化すること)

WEBサイトが正しく認識されているかを確認する

Fetch as Googleのレンダリング機能を使うことによって、WEBサイト内の「Googlebot」が取得できないデータをチェックすることができます。

特にJavaScriptやCSSが適切に認識されているかは重要です。そしてモバイルサイトであっても同じです。

JavaScriptやCSSをブロックするのは止めよう

GoogleはWEBサイトを適切に把握できるように、すべてのJavaScriptやCSSがクロールできるようにすることを推奨しています。

Google がサイトのコンテンツを完全に把握できるように、サイトのアセット(CSS や JavaScript ファイル)がすべてクロールされるようにしてください。Google インデックス登録システムは、ページの HTML やそのアセット(画像、CSS、Javascript ファイル)を使用してウェブページをレンダリングします。Googlebot がクロールできないページアセットを確認し、robots.txt ファイルのディレクティブをデバッグするには、ウェブマスター ツールの Fetch as Google ツールと robots.txt テスターツールを使用します。

引用元:ウェブマスター向けガイドライン – ウェブマスター ツール ヘルプ

参考:Googleが技術ガイドラインを更新、JavaScriptやCSSのをブロックしないように指示 | 海外SEO情報ブログ

ウェブマスター向けガイドライン – ウェブマスター ツール ヘルプ

Fetch as GoogleでPCを使った場合のWEBサイトを確認

Fetch as GoogleでPCを使った場合のWEBサイトを確認

Fetch as GoogleでPCを使った場合のモバイルサイトを確認

Fetch as GoogleでPCを使った場合のモバイルサイトを確認

Fetch as Googleの使い方

まずはウェブマスターツールにログインして、確認したいWEBサイトへ進みます。その後、クロール→Fetch as Googleと進みます。
Fetch as Googleの使い方

チェックするWEBページの指定

確認したいWEBサイトのページURLを設定します。
Fetch as Googleの使い方|URLの設定

デバイスの選択

レンダリングするデバイスを選択します。(モバイルサイトを確認したい場合は「モバイル:スマーフォン」を選択)
Fetch as Googleの使い方|デバイスの選択

レンダリングを開始

設定ができたら「取得してレンダリング」をクリック。しばらくGoogleが情報を得るために待ちます。

ステータスにグリーンマークが出たらクリックします。
Fetch as Googleの使い方|ステータス

ステータスについて詳細:Fetch as Google の結果を診断する – ウェブマスター ツール ヘルプ

レンダリング結果が表示されるので、下の方にある「Googlebot はこのページの一部のリソースを取得できませんでした。取得できなかったリソースは次のとおりです: 」以下を確認して、問題箇所をチェックしましょう。

ここに表示される項目はできるだけ少ない方がベストです。JavaScriptやCSS、画像など、Googlebotをブロックをしてしまっている要素があったらできるだけ改善しましょう。改善したら「インデックスに送信」をお忘れなく。

参考

レンダリング結果で「Googlebot ではこのページを以下のように認識しました。」を見ると、Googlebotがほぼ人に見えているのと同じようにWEBサイトを認識しているのがよくわかりますね。

背景色や文字色、文字サイズまでほとんど人と同じく認識しているのは凄いですね。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事