WEBマスターの手帳 > ソーシャルメディアマーケティング > FacebookページにCall to Actionボタンが設置できるようになって誘導しやすくなった?

FacebookページにCall to Actionボタンが設置できるようになって誘導しやすくなった?

Facebookページに「問い合わせ」「購入する」「予約する」などのCall to Actionボタンが設置できるようになりましたね。もうFacebookページには反映されましたか?

Facebookページにいいねを押してくれている人のFacebookページへのアクセス率については、今回は横に置いておきましょう。



Call to Actionとは

Call to Action(コール トゥ アクション)とは、WEBサイトなどに訪問した人に特定の行動を促す(行動喚起)ものです。

Call to Actionボタンには「問い合わせはこちら」「資料請求はこちら」「資料ダウンロードはこちら」などがありますね。

FacebookページにCall to Actionボタンを設置できる

FacebookページにCall to Actionボタンを設置できる

Facebookページの「いいね」ボタンの左横に「お問い合わせ」や「予約する」などのボタンを設置できるようになりました。

設置できるボタンの種類は7種類。

  • 予約する
  • お問い合わせ
  • アプリを利用
  • ゲームをプレイ
  • 購入する
  • 登録する
  • 動画を見る

FacebookページのCall to Actionボタン設定方法

Call to Actionボタン設定は非常に簡単です。まずは「コールトゥアクションを作成」をクリックします。
FacebookページのCall to Actionボタン設定方法

次に設置するボタンの種類を選びます。
FacebookページのCall to Actionボタン設定方法|ボタンの選択

続いて「誘導先のURL」を設定します。
FacebookページのCall to Actionボタン設定方法|誘導先のURL

次はスマートフォンからの訪問時に「Call to Actionボタン」をタップした際のリンク先の種類(ウェブサイトかアプリ)の指定をします。誘導先がアプリの場合のためのものなので、WEBサイトに誘導したい場合は「ウェブサイト」でOKです。

まずはiOSだった場合の設定
FacebookページのCall to Actionボタン設定方法|iOS

続いてAndroidだった場合の設定
FacebookページのCall to Actionボタン設定方法|Android

これでFacebookページのCall to Actionボタン設定方法は完了です。

Call to Actionボタンが設置されると「アクセス解析」で「Call to Actionボタン」のクリック数も確認できるようになります。
FacebookのCall to Actionボタンのクリック数の確認

どうれだけ使われるかは微妙な気もしますが、設置するのは1分もかからないですので設置しておいて損はないでしょう。

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


【オンライン講座】会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

企業が集客や売り上げUPに役立つためのFacebook、Twitter、Instagram、YouTube、企業ブログなどSNS(ソーシャルメディア)を活用するために必要や知識や理解を徹底解説!

企業ブログ(オウンドメディア)の重点解説も付いているので、SNS活用の初心者だけでなく、ビジネスでブログを活用したい!という方にもオススメの講座です!

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

あなたにオススメする記事

この記事を書いた人

遠藤 聡

中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。
無料のメール相談も受け付けております。詳細は無料メール相談ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事

寄稿記事

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事