WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > 動画マーケティング > ビジネスに貢献するYouTubeチャンネルづくり【トップページを充実させよう】

動画マーケティング

2014年9月8日

ビジネスに貢献するYouTubeチャンネルづくり【トップページを充実させよう】

Twitter 2 Facebook 1 Google+ はてブ 1 Pocket チャットワーク Eight Feedly

WEBやPCに詳しくない方にとって、YouTubeチャンネルを作ったり、動画をアップロードしたりするのはハードルが高いと感じられているそうです。

というわけで、具体的な「やり方は」おいおい解説するとして、今回はYouTubeチャンネルを作る際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

戦略や戦術の話は今回は置いておきます。今回はその次の段階の話です。

スポンサードリンク

ヘッダー部分

Youtubeチャンネルのヘッダー

YouTubeチャンネルでチャンネルロゴを設定している方は多いですが、カバー画像も設定していますか?Facebookページでカバー画像無しの状態にはしてないですよね?YouTubeチャンネルもちゃんと設定しましょう。

参考記事:YouTubeのチャンネルのデザイン変更でカバー画像にも計画性が必要になった
チャンネル アート – YouTube ヘルプ

概要設定

Youtubeチャンネルリンク編集

YouTubeチャンネルに表示する「リンク」もちゃんと設定しておきましょう。ホームページやブログ、Facebookページ、Twitterなど。

ウェルカム動画

ウェルカム動画の設定

あなたのYouTubeチャンネルに初めて訪問した人やチャンネル登録をしていない人に向けての「挨拶動画」を設定しましょう。

どんなチャンネルなのか、どんな内容の動画があるのかなど「YouTubeチャンネルの説明」を短く動画にして載せましょう。

動画コンテンツをカテゴリー分けして、整理しよう

YouTubeチャンネルで再生リストを作ってカテゴリー分けする

YouTubeチャンネルで動画コンテンツが整理して表示されていない所がまだまだ多くあります。これはかなりもったいない。

ビジネスブログのカテゴリーページを侮るなかれ超良質コンテンツの原石だ」でブログ記事をカテゴリー分けしましょう。と書きましたが、YouTubeチャンネルでも同じです。

動画をカテゴリー分けせずにただアップロードしていたのでは、動画がチャンネル内で埋もれてしまい、見つけづらくなってしまいます。

再生リストを作ろう

YouTubeチャンネルのトップページには「セクション」として、色々な情報が載せられます。

Youtubeでセクションを表示させる

YouTubeチャンネルで動画をカテゴリー分けして、整理して表示させるには、「再生リスト」を使うのがお勧めです。再生リストを使うメリットは、また次の機会に。

ただし、トップページに表示できるセクション数に限りがあるので、ご利用は計画的に。

Youtubeでセクションを追加する

サムネイル画像を入れる

YouTubeチャンネルに限った話ではありませんが、動画のサムネイル画像は1つ1つ作りましょう。

  • 顔のドアップ
  • キャッチコピー
  • あなたのチャンネルの動画だと分かるアイコン

サムネイルに必要だといわれているポイントはいくつかありますね。これらも時間とともに風化します。今はみんな(投稿側も視聴者側も)ギリギリ見飽きていないので、大事だと言われるポインンとも有効ですが、いずれ「それが普通」になると効果はなくなるでしょう。

関連動画を埋める

YouTubeチャンネルのトップページを作る所とは少しズレますが、関連動画の力を甘く見てはいけません。

あなたの動画を観られた時に関連動画に、あなたの動画が並んでいないのは、とてつもない機会損失です。

どれぐらい機会損失かというと、あなたのブログでブログ記事に関連記事を表示してますよね?そこに赤の他人(下手したらライバル)の記事が表示されているのと同じです。

けっこう一大事ですよね。動画を沢山投稿しなきゃ!ってなりますよね。

ブログをもう1つ持つのと同じ

YouTubeチャンネルを持つという事は、動画版のブログを持つ事です。動画を1本投稿して成果がでるわけないんです。ブログでブログ記事が1つしかないってありえますか?

自分で書いといてなんですが、ああ…耳が痛い。笑
自分以外の人のはガンガン作れるのに、自分の事となると・・・。お互い頑張りましょう!

そうそう先日、magari studioへいらした方から「YouTubeへの動画アップロード方法とチャンネルの作り方を教えてもらうのに20万円弱を請求された」と聞いて、そのボッタクリ請求者に「よ〜し。表に出ようか!」と言いたくなってます。相手がどこか聞いておけば良かった。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事