WEBマスターの手帳 > WEBサイト作成 > WordPress > WordPressのコメント欄の表示非表示を自在に操れるプラグインが逸品すぎた!

WordPress

2014年7月25日

WordPressのコメント欄の表示非表示を自在に操れるプラグインが逸品すぎた!

Twitter 1 Facebook 1 Google+ はてブ 1 Pocket 3 チャットワーク Eight Feedly

スポンサードリンク

ページ毎にコメント欄の表示非表示をコントロール

wordpressを使ってブログやWEBサイトを運営していると「このページではコメント欄を表示させたいな」「このページではコメント欄は非表示にしたいな」という要望が出てくることもよくあります。

本来はphpソースコードをいじって、条件分岐で、コメント欄を表示させるカテゴリーを指定したりするのですが「ソースコードなんてわからない」「php?」という方にはハードルが高い。

wordpressの条件分岐について知りたい方はもう覚えなくても大丈夫!?WordPressの条件分岐タグの使い方まとめ | OXY NOTESをご参照下さい。分かりやすくまとめられています。

そんな時に役に立つのが、そうプラグイン!wordpressの強みの1つでしょう。セキュリティ的に問題があったり、WEBサイトが重くなったり、悪さするプラグインも中にはいますけどね。

One Click Close Comments

今回紹介するプラグインは「One Click Close Comments」です。

一生懸命に条件分岐してもいいのですが、One Click Close Commentsを使えば、思うがままにカテゴリーが同じだろうが、固定ページだろうがコメント欄を表示させるさせないを選択することが出来ます。便利!

使い方はプラグイン>新規追加>One Click Close Commentsを検索してインストール>有効化させるだけです。

固定ページ(または投稿)一覧を見ると緑色のマークが付いています。緑のマークはコメント欄が表示されているページ、赤のマークは非表示のページです。

表示非表示を選ぶのはマークをクリックすると緑色(アクティブ状態)赤色(ストップ状態)が切り替わります。

One Click Close Comments

この記事をシェアして頂けると嬉しいです

LINEで送る
Pocket

この記事に対するあなたの評価をお教え下さい

星印をクリックして5段階評価で、この記事に対する、あなたの評価をお教え下さい。

ヒドイイマイチ普通良い凄く良い(投票数:3 、平均:1.67)
Loading...

Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

友だち追加

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

Webマーケティングスキルを習得するならテックアカデミー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事