WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > オウンドメディアで潜在顧客の獲得からファン化までの全9ステップ

コンテンツマーケティング

2014年6月26日

オウンドメディアで潜在顧客の獲得からファン化までの全9ステップ

Twitter 2 Facebook 1 Google+ はてブ 1 Pocket チャットワーク Eight Feedly

ビジネスブログで見込み客を獲得するまでの4ステップでは見込み客を獲得するまでの大まかな流れをお伝えしました。

今回は見込み客の獲得後も含めた全体像をご紹介します。インバウンドマーケティングやコンテンツマーケティングという言葉が流行っていますが、100%の硬派なインバウンドマーケティングをしなければいけないのかといえばそんなことはないでしょう。広告も必要に応じて取入れることもあるでしょう。大事なのはあなたのビジネスが加速していくことであり、WEBマーケティングが追い風となることだと考えているからです。手法が先にあるのではなく、目的が先にあり目的達成に最適な手法を選択していくべきですよね。

では全体の流れを見ていきましょう。
※今回はあくまでも基本的な流れです。商品、サービス、業種やビジネスを取り巻く状況に応じて変化するものであることをご理解下さい。

スポンサードリンク

①ブログ記事などで見込み客(潜在顧客)を集める

検索、広告、Facebook、Twitter、Youtube、他(instagram、pinterest、vineなどソーシャルメディア)を活用してあなたのサービスの顧客となりえる人にブログやホームページに来てもらうステップです。

ビジネスブログで全ての記事が上位表示によるアクセス獲得をする必要はない理由にも書きましたが、全てのブログ記事が検索がメインの流入元である必要はありません。

またコンテンツはブログ記事に限ったものでもありません。動画もそうでしょう。PDF資料などもコンテンツです。

②-1 行動喚起

無料診断、資料ダウンロードなどの存在を知らせて、アクションページ(専用ページ)へと誘導します。

詳しくは【ビジネスブログで見込み客を獲得するまでの4ステップ】に書いた内容なので割愛します。

②-2 専用ページ(LP)でコンバージョン率を高める

【ビジネスブログで見込み客を獲得するまでの4ステップ】では専用ページとしか書きませんでしたが、「アクションページ」と書いた方が分かりやすかったかもしれません。

③リストの獲得(2−1への申込み)

各ステップを経て人数の実数は減っていきますが、あなたの顧客になる率は高まっていきます。

このリストの獲得のステップで重要なことは必要なパーソナルデータ(ハウスデータ)をしっかりと頂くということです。

ここで必要な情報を得られれば、その人に合ったアプローチをしていくことができます。ビジネスブログに関する資料ダウンロードをした、YouTubeに関する資料ダウンロードをしたというのも貴重な情報です。

④リストに対して教育、またはアプローチ(継続的な接触)

メールマーケティングの出番です。一般的にはメルマガが使われていますが、ステップメール、ブログ記事の配信をお勧めしています。理由はメルマガって本当に必要ですか?負担が増えてるだけになってませんか?をご参照下さい。

⑤営業(会う:複数、個別)

商品やサービスにもよりますが、コンサルトタントの方や対面でサービス提供されている方には、見込み客の方と実際にお会いすることは必須ですね。

セミナーや個別相談などあなたと見込み客の方とが実際に会える場所を提供しましょう。

⑥契約

当然ですが契約なくしてビジネスはありえませんね。

クロージングノウハウの情報共有は専門家の方にお任せします。

⑦サービスの提供

どれだけ契約を頂けたとしても「サービスの提供」がなっていなければ元も子もないですね。

このステップは、まさにあなたのサービスの出番ですね。

⑧顧客満足度の向上

サービスを提供しても、お客様に満足して頂けなければビジネスとしてはNGですね。

企業規模であればCRMやCS調査などの出番ですね。

⑨継続購入・口コミ・共有

インフルエンサー、アンバサダー、エバンジェリストなどの言葉が出てくるステップです。

ここではソーシャルメディアが再び出番を迎えます。

動画は全体に影響を与える

ざっと全体の流れを見てみましたが、「動画はどこで使うの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

動画の魅力は「信頼獲得」に強い影響を及ぼす点です。動画であなたが登場し話をすることでステップ⑤営業の実際に会うまでの流れをより強めることが出来ます。もちろんあなたが登場する必要がない場合もあります。

長くなりましたが、ぜひこの機会に今のご自身のビジネスの流れと見比べてみてください。今回の流れが全てのサービスでの正解ではありませんが何か改善ポイントが見つかるかもしれません。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事