【Udemy】はじめてのSNS担当者 入門講座(SNSマーケティング)

UGC

UGCとは

UGCとは、User Generated Contentsの略で、ユーザーによって作られたコンテンツのことを指します。SNSに投稿された感想や共有された画像、動画を指すことが多いのですが、Wikiやメディアに投稿されたコメント、レビュー、ユーザーによって描かれたイラストもUGCに含まれます。

近年、ユーザーは数多くの情報を目にするようになりました。その中で多くの広告にもさらされるようになり、広告に嫌悪感を抱くユーザーも増えてきています。ユーザーは広告に不信感を抱く場合が多く、「怪しいし、邪魔」「しつこくてウザい」という感想も聞かれます。本来の広告の役割がきちんと果たせているとは言えません。原因としては、目まぐるしく変化する市場や流行に合わせる中で、ユーザー体験やユーザー目線がないがしろになった広告ばかりが氾濫していることが考えられるでしょう。

その中で、UGCは「信頼できる情報」としてユーザーに重宝されています。例えば、何かを購入する前にSNS上で検索し、情報を得るユーザーは珍しくありません。広告の信頼度が低下し、そして誰しもがスマートフォンを持ち写真・動画などのコンテンツを制作・発信できるようになった今、UGCは重要なコンテンツといえるでしょう。

UGCに関連のある記事