【Udemy】はじめてのSNS担当者 入門講座(SNSマーケティング)

CTA(コール・トゥ・アクション)

CTA

CTA(シーティーエー)とは、Call To Action(コール・トゥ・アクション)の略語です。 日本語に訳すと「行動を呼ぶ」となります。

これは、Web上のユーザーに、何かしらの行動を起こさせるための画像やテキスト、ボタンなどを指して使われます。よく使用されるのはLP(ランディングページ)を使った集客の場面です。

例えば、商品を注文してもらう目的を持ったLPの場合、「注文する」というボタンでユーザーを注文フォームに誘導することがCTAになります。 LP以外でも、企業のWebサイト上で注目を集めているページに、お問い合わせや資料請求などのボタンをCTAとして設置することがあります。

CTAはユーザーに特定の行動を起こさせることを目的としているので、ABテストなどで定期的に効果を見直し、最適化していく必要があります。たとえばテキストを変えたり、ボタンの色を変えたりなどです。

CTAでユーザーに起こさせる行動としては、「商品の購入」のほかにも、「資料請求」や「お問い合わせ」、「メルマガ登録」「クチコミ」「定期購読登録」「会員登録」などがあります。

CTAに関連のある記事