総受講生 1,2486名超え! Webマーケティングを学ぶオンライン講座

4P分析

4P分析とは

4P分析とはマーケティングの施策を考えるときに使われるフレームワークのひとつです。4Pとは「Product(製品やサービス)」、「Price(価格)」、「Place(販売する場所など)」、「Promotion(プロモーションや販促)」の頭文字を取ったもので、マーケティング学者であるエドモンド・ジェローム・マッカーシーが、1960年に提唱しました。

マーケティングのプロセスの中では、市場環境の分析を行い戦略を立てた後に、具体的な施策を考える際に使われます。

4Pそれぞれの考え方の視点は以下のようなもので、順番に分析していきます。

  1. Product:どのような製品やサービスを作り、提供するのかを、ターゲットユーザーやそのニーズなどを明確にしながら考える
  2. Price:その製品やサービスはどのくらいの価格で提供するのかを、顧客心理や競合価格、利益率などの視点から考える
  3. Place:その製品やサービスは、どのような場所でどのように提供するのかを、さまざまなチャネルで考える
  4. Promotion:その製品・サービスは、どういうプロモーションで宣伝・販促していくのかを考える

4P分析に関連のある記事