総受講生 1,2486名超え! Webマーケティングを学ぶオンライン講座

3C分析

3C分析

3C分析とは、市場や顧客を指す「Customer」自社を指す「Company」競合を指す「Competitor」の3つの言葉の頭文字「C」をとった「3C」を分析する手法を指します。この3C分析は、マーケティング環境を把握するときに有効で、このデータを元に事業計画やマーケティング戦略を練ることが多くあります。

この3C分析は、外資系コンサルティング会社であるマッキンゼーで経営コンサルタントに従事していた大前研一氏が1982年に発行した自書「The Mind of the Strategist」で提唱したものです。世界的に広く活用され、現在では項目が違ったり増えていたりする「4C」や「5C」などの枠組みも存在します。

同著では、この3Cの関係性を「戦略的三角関係(strategic triangle)」と呼んでいます。

3Cでは、自社でコントロールできない外部環境としての「市場や顧客」と「競合」、そして内部環境としての「自社」の分析を行うことで、さまざまな視点から有効なマーケティング戦略を導き出すことができます。

外部環境と自社をそれぞれ分析することで、強みや弱みを客観的に確認できるようになるのです。

3C分析に関連のある記事