総受講生 1,2486名超え! Webマーケティングを学ぶオンライン講座

4C分析

4C分析とは

4C分析とは、マーケティング戦略を考える際のフレームワークの名前です。4Cとは、「Customer Value(顧客価値)」「Cost(コスト・価格)」「Convenience(利便性)」「Communication(コミュニケーション)」 の4つの言葉の頭文字をとっています。この4つの要素は、ユーザーが商品やサービスを購入するときに強く影響を与える要素と言われています。

名前が似ている「4P分析」は企業視点でのマーケティング戦略を考える際に使われるのに対し、4C分析は顧客視点で戦略を考える際に使うのが大きな違いです。

また、「3C分析」とも内容が違い、3C分析は顧客視点でも企業視点でもない中立的な立場から市場を分析できることが特徴です。

4Cの4つの要素は以下の通りです。

Customer Value(顧客価値)

顧客価値とは、顧客にとって価値のある商品やサービスであるかどうかを考え、顧客の期待値や満足度を表したものです。

Cost(コスト・価格)

ユーザーが商品やサービスを購入する際に、その価格が満足度に対して妥当であり払う価値があると感じられるかどうかについて表したものです。

Convenience(利便性)

ユーザーがその商品やサービスを購入したいときにすぐに・かんたんに購入できるかどうかを表したものです。

Communication(コミュニケーション)

自社とユーザーとのコミュニケーションをはかる場所はどこかなどについて表したものです。

4C分析に関連のある記事