初心者向けにWordPressの使い方やトラブル対応を解説したオンライン講座の提供を開始しました!

Instagramで地図検索機能が実装!「インスタグラムマップ」について簡単に解説

Instagramで地図検索機能が実装!「インスタグラムマップ」について簡単に解説

編集スタッフのたけのこです。Instagramに「地図検索機能」が実装されつつあるのはご存知でしょうか。

まだ一部ユーザーにのみ機能が開放されているようですが、ユーザーが投稿した画像を使って、地図(マップ)上で店舗などを検索できるとあって、店舗運営を行う人には目が離せない機能になりそうです。

今回は、このInstagramの「地図検索(インスタグラム マップ)」について簡単に解説していきます。

Instagramの地図検索とは

Instagramはこれまでも、飲食店や観光スポットをユーザーが画像検索し、情報を得るのに使っており、各店舗でも対策をしているところが多かったと思います。

今回はそのInstagram検索に、位置情報が追加され「地図検索機能」が実装されました。

これにより、ユーザーは、Instagramでさまざまな画像を見ながら、その目的地(店舗や観光スポットなど)までたどり着くこともできるようになります。

従来であれば、Instagramの画像検索で店舗や観光地の情報を得た後は、Googleマップでその店舗を検索し、経路を見ながらその店舗に訪れる、といった形で利用することが多かったのではないでしょうか。

今後は、Googleマップを使わなくてもInstagram内ですべてが完結しそうです。

任意のエリアでも検索可能

Instagramの地図検索機能では、自分の現在地の近隣スポットだけではなく、任意のエリアに表示地図を移動させて、「このエリアを検索」をタップすることで、今いる場所でないところのエリアの情報を検索できます。

店舗情報を見るときには3枚の画像がまず表示され、店舗の雰囲気をパッと知ることができます。旅行やお出かけの際に、事前に向かうエリアにどんな店があるのかを調べるのに便利です!

ハッシュタグ検索も可能

Instagram地図検索では、ハッシュタグ検索をすることもできます。

たとえば、 #カフェ と入力すると、Instagram上で #カフェ をつけている投稿画像が表示されるような仕組みになっています。

投稿件数が多い場所のほか、現在地から近い場所が優先的に表示され、タップすると店舗の詳細を確認できます。

たとえば、カフェを探す場合でも、「#アジアンカフェ」「#映えカフェ」「#隠れ家カフェ」など、どのようなハッシュタグで検索をするかで、検索結果にも違いが生まれます。ハッシュタグ検索によって、ユーザーが求める情報に近い情報を探しやすくなります。

Googleマップとはどう違う?

Instagramの「地図検索」機能は、Googleマップの機能ともやや似ています。ですが、Googleマップはすでに「マップ」なので、ある程度目的地がはっきりしているときによく使われます。

Instagram地図検索は、あまり目的地がはっきりしていなくても、おおまかなエリアの情報をざっくりと得るのに向いています。特に、どのようなエリアなのかイメージが湧かないときに役立ちそうです。

Instagramマップを活用するには

Instagram地図検索の実際の使い方と、店舗が活用するアイディアを解説します。

実際の使い方

まず、実装されているアカウントには、検索ページの一番左に「地図マーク」のアイコンが追加されます。

Instagramの地図検索

これをタップすると、自分の位置情報と共に、周辺の飲食店や美容院の情報が表示されるようになります。

Instagramで近所のお店を探す

任意の場所で検索することもできます。これは渋谷エリアを表示させています。

Instagramで好きな場所の店を探す

次に「ハッシュタグ」で探してみます。渋谷で「#隠れ家カフェ」で検索してみると、このように表示されます。

Instagramでハッシュタグを使ってお店を探す

店舗がInstagramの地図検索活用するには

まずは、Instagramアカウントを無料の「ビジネスアカウント」へ移行しましょう。

また、ビジネスアカウントの「ビジネス情報」が正しい情報になっているか確認しましょう。特に、自社の業種やビジネス内容に応じて設定できる「カテゴリ」と、電話番号やメールアドレス、住所の情報の「連絡先オプション」は重要です。

その上で、Instagram検索地図上で魅力的な画像が表示されるよう、ユーザーが写真を撮りたくなるような見栄えのいいメニューや、投稿を促すキャンペーンを用意すると、良いUGC一般ユーザーによって作れられたコンテンツ)が蓄積されていくでしょう。

Instagramはまだまだ若い世代が使うイメージが強いため、自店舗の利用者層が大きく異なる場合などは、UGCの蓄積に大きく苦労する可能性もあります。

その場合は、さまざまな層が利用しているGoogleマップの最適化に、より力を入れたほうがいいかもしれません。

もしくは、若い世代に魅力的に映るようなサービス・商品を開発し、Instagramマップ最適化を図るのもよいでしょう。いずれにせよ、自店舗のユーザー層を見つめ直しながら対策を図ることをお勧めします。

まとめ

特に若い世代が利用する店舗では対策必須のInstagramマップ。「Googleマップを超えるのでは?」と、多くの方が注目しています。すでに実装が完了しているアカウントは、まずはユーザーとして利用してみてはいかがでしょうか?