WordPressの使い方、管理、保守、トラブル対応がわかる!はじめてのWordPress入門講座

独自ドメインを取得するとき、どれを選んだらいい?ドメインの種類と意味をわかりやすく解説!

独自ドメインを取得するとき、どれを選んだらいい?ドメインの種類と意味をわかりやすく解説!

編集部のたけのこです。ブログやWebサイトを新しく作るときに、自社だけのURLがほしい場合、新しくドメインを取る独自ドメイン)ことになります。

そのときに、よくある悩みとして「ドメインは、どれを選べばいい?」「何か違いがあるの?」というものがあると思います。

本記事では、ドメインを選ぶ時の注意点や、ドメインの種類ドメインの持つ意味について、簡単に解説していきます!実はドメインについてよくわからなかった…という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ドメインとは

まずは、「ドメインとは何か」ということを簡単に解説します。ドメインはよく「インターネット上の住所」と例えられます。

数多くあるWebサイトの中で目的のページに辿り着くための住所や番地のようなイメージです。

たとえば、WebサイトのURLが「https://www.●●●.ne.jp」だった場合、「●●●.ne.jp」が「ドメイン名」と呼ばれます。さらに「.jp」の部分を「トップレベルドメイン」と呼びます。

ドメイン名の取得は早い者勝ちで、すでに誰かが使っているものは利用できません。また、ポピュラーなトップレベルドメインであればあるほど、高めの予算が必要となります。

ドメインの取得は、「ムームードメイン」や「お名前.com」などで、簡単に取得することができます。

ドメインの種類とは

ドメインの中でも「.jp」の部分をトップレベルドメインと呼ぶ、と説明しました。その他にも、「.com」「.org」「.net」などがこのトップレベルドメイン(TLD)です。

現在、TLDには数多くの種類があります。TLDは大きく2種類に分けられ、それぞれ「ジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)」「国コードトップレベルドメイン(ccTLD)」と呼ばれています。

ジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)

「分野別トップレベルドメイン」「汎用トップレベルドメイン」「一般トップレベルドメイン」とも呼ばれます。国や地域といった地理的な制限なしにどこからでも登録、利用できるのが特徴です。

有名なものには「.com」「.net」「.org」があり、これらは誰でも使用できます。その他、「.edu」「.gov」など、一定の要件を満たさなければ使用できないものもあります。 

国コードトップレベルドメイン(ccTLD)

ccTLDはその名の通り、国や地域に割り当てられたTLDです。基本的にはそのドメインを登録・利用できるのは、該当の国・地域に限定されており、日本の「.jp」もそのようなドメインです。

ただし、中にはドメイン名の利用や登録を全世界にオープンにしているものもあり、ツバルの「.tv」や、トンガ王国の「.to」、オーストラリア領ココス諸島「.cc」などのドメインが国際的に販売されています。

ドメインの意味と選び方

トップレベルドメインには多くの種類があります。よく見かけるドメインの持つ意味と、どのようなときにそのドメインを選ぶかをそれぞれ簡単に解説していきます。

.jp

日本のccTLDです。日本でしか取得できず、費用が少し高めです。

.com

商業組織であれば世界中誰でも取得可能です。知名度が高いわりに費用はさほど高くありません。

.org

もともとは非営利団体向けのドメインでしたが、現在は制限なく誰でも取得できます。

.net

もともとはインターネットプロバイダなどネットワーク用に作られたドメインですが、こちらも現在は制限なく取得できます。こちらも.comと同じくらいの知名度があり、取得費用もお手頃です。

.biz

ビジネスに利用するのであれば誰でも使用できるドメインです。ビジネス系のサービスを運営する公式サイトなどにぴったりです。

.info

世界中の誰でも自由に取得でき、制限のないドメインです。情報サイトなどにオススメです。

.museum

「公共の博物館、美術館、科学館、植物園、動物園等。およびそれらの施設に勤務する専門職員」にのみ利用が可能なドメインです。

.coop

各国の「協同組合およびその下部組織」にのみ利用が可能なドメインです。

.asia

アジア太平洋地域の法人、個人にのみ登録が許可されているドメインです。日本〜アジア圏内でグローバルにサービスを行っている企業などにオススメです。

.ac.jp

日本の学校法人、大学法人などの一定の条件を満たした教育機関に使用を許可されているドメインです。

.or.jp

財団法人や一般社団法人、NGOの日本支部など、日本の非営利団体が使用できます。

.co.jp

日本の株式会社、合同会社など、会社法人が使用できるドメインです。

.ed.jp

中学校や幼稚園など、18歳未満の子どもを対象として運営される教育機関が利用できます。

.ne.jp

日本でネットワークサービスを提供するサービス提供者が使用できるドメインです。

.tokyo

比較的新しいドメイン。東京を意味しますが、誰でも自由に取得・利用できます。

.tv

もともとはツバルのccTLDですが、他国からでも取得・利用ができます。「TV」という単語を彷彿とさせるので、映像コンテンツの配信サービスなどにぴったりです。

まとめ

ドメイン名は一度取得すると変更することは困難なので、多くの人はかなり慎重に選ぶことになるでしょう。

それぞれのドメインの特性をしっかり理解した上で、あとから後悔しないように、自分のWebサイトにぴったりなドメインを取得しましょう!