初心者向けにWordPressの使い方やトラブル対応を解説したオンライン講座の提供を開始しました!

Linkedinでライブ配信をする方法を解説【Linkedin LIVE】

Linkedinでライブ配信をする方法を解説【Linkedin LIVE】

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。今回は、Linkedin(リンクトイン)で、ライブ配信をする方法を紹介します。

ビジネス向けSNSとして、転職や仕事探しなどでLinkedinを使っている人もいらっしゃると思います。企業としても、求人ツールとして企業ページを運用しているところもあるでしょう。

そのLinkedinでも、FacebookライブやYouTubeライブのように、ライブ配信をすることができます。

Linkedin Liveとは

Linkedinがベータ版として提供を始めているのが、Linkedin Live(リンクトイン ライブ)です。

Linkedinでライブ配信をすると、ライブ配信をしているアカウントのタイムラインと、プロフィールのカバー画像の2つで、ライブ配信が表示されます。

タイムラインでLinkedinライブが配信される
プロフィールページでLinkedinライブが配信される

スマートフォンでも、同じようにLinkedinライブが配信されます。

スマートフォンでLinkedinライブを見る

2021年4月8日時点では、Linkedin Liveをするためには、Linkedinへの申請(LinkedInライブブロードキャスターになるための申請)をして承認が必要です。

LinkedInライブブロードキャスターになるための申請 | LinkedInヘルプから、申請を行うことができます。申請フォームの各項目を入力して、申請を送信しましょう。

Linkedinでライブをする方法

Linkedinに送った申請が承認されると、メールが届きます。このメールが届くまでは、Linkedinでライブ配信をすることはできません。

Linkedinライブが利用できるようになったお知らせメール

メールに記載されているライブ配信用のURLを開きます。これでLinkedin Liveのストリーミング設定画面が表示されます。一番最初は、チュートリアルが表示されるので、それに従っていけば大丈夫です。

Linkedin Liveを始める

RTMPか対応している配信サービスを使う

Linkedin Liveでは、RTMP対応している配信サービスを使って、ライブ配信をすることができます。OBSを使う場合はRTMPで配信をすることになります。

注意
Linkedinライブを配信するときは、映像のフレームレートが30fpsにしましょう。60fpsではエラーが出て、ライブ配信ができません。
Linkedin LiveでRTMPか配信サービスを選択する
Linkedin LiveをRTMPで配信する

Linkedin Liveに対応している配信サービスには次のようなものがあります。

  • Restream
  • StreamYard
  • socialive
  • Switcher Studio

WEBマスターの手帳では、Restreamを利用して、ライブ配信をしているので、RTMPではなく、Restreamを使ってLinkedin Liveをします。

RestreamでLinkedin Liveの設定をする

Restreamを開いて、チャンネル(配信先)の追加画面を開くと「Linkedin」があります。これをクリックします。

RestreamでLinkedin Liveの設定をする

Linkedinと連携させる画面が表示されるので「Connect Linkedin」をクリックします。

RestreamとLinkedinを連携する

Linkedinのログインとアクセスの許可が求められるので「許可する」をクリックします。

RestreamのLinkedinへのアクセスを許可する

こあとは、チャンネル設定としてLinkedinでの配信方法(個人アカウントか、企業ページの選択など)をすれば、完了です。

RestreamでLinkedin Liveの配信設定をする

Linkedin Liveのガイドライン

次にLinkedin Liveのガイドラインを確認します。

Linkedin Liveのガイドラインを確認する

Linkedin Liveでは、販売やプロモーションを目的とした配信や、リアルタイムではない(収録済みの動画を流す)配信、スポンサーのロゴ表示などは禁止となっています。

Linkedin Liveのストリーミング設定をする

チュートリアルを見終わると、ストリーミング設定画面が表示されます。

画面左側で、ライブ配信を「今すぐ」配信するのか、イベントとしてスケジュールするのかを選択したり、投稿のテキストやハッシュタグ、ライブ配信のタイトルを設定します。

Linkedin Liveのストリーミング設定画面

画面右側の下に「ストリーミング設定」があり、ここでストリーミングURLやストリーミングキーを取得することができます。

ストリーミングURLなどは「地域」を選択しないと取得することができません。ただ、現時点では、地域に「アジア」や「日本」の選択肢はありません。

Linkedin Liveのストリーミング地域設定

そのため、日本に近い「US,West」を選んでください。選択後に「URLを取得」をクリックすると、ストリーミングURLとストリーミングキーが表示されます。

あとは、実際にLinkedin Liveを配信するだけです。Linkedinとしては、次のようなライグ配信を推奨しています。

  • 15分以上
  • 配信開始したら2分以上、視聴者を待たせない
  • プロフェッショナル製のあるライブ配信

以上のことを踏まえながら、Linkedin Liveを配信しましょう!