WordPressの使い方、管理、保守、トラブル対応がわかる!はじめてのWordPress入門講座

実は簡単!Amazon musicでポッドキャストを配信する方法

実は簡単!Amazon musicでポッドキャストを配信する方法

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。音声コンテンツが盛り上がってきていますね。WEBマスターの手帳でも、毎週木曜日にYouTubeやFacebookページで、配信をしている「Webマスターのまったり30分」をポッドキャストにして配信をしています。

AppleポッドキャストやSpotify、Googleポッドキャストなどで配信をしているのですが、Amazon Musicでもポッドキャストを配信したいと思い、やってみたところ、簡単に配信申請をすることができました。

ということで、Amazon Musicでポッドキャスト配信をする方法を解説します。

Amazon Musicでポッドキャストの配信申請をする方法

Amazon Musicでポッドキャストを配信するには、ポッドキャストのRSSフィードが必要です。そのため、すでにポッドキャストを配信している人が対象となります。

Amazon Musicのポッドキャスト配信の申請手順は、3つです。

  1. Amazon Musicのポッドキャストを開く
  2. ポッドキャスト配信の申請を記入する
  3. 申請を送る

それでは、Amazon Musicでポッドキャストの配信申請を送ってみましょう。まずはAmazon Musicのポッドキャストを開きましょう。

Amazon Musicのポッドキャストを開いたら、画面下の「こちらから配信申請ができます。」の「こちら」をクリックします。

Amazon Musicのポッドキャスト

まずは、Q&Aや、コンテンツライセンス契約が表示されます。画面下の「Next」をクリックします。

Amazon Musicのポッドキャスト FAQ

次に「登録したいポッドキャストの数」を選択します。最大20個まで、ポッドキャストを登録をすることができます。選択をしたら「Next」をクリックします。

Amazon Musicのポッドキャストに登録するポッドキャストの数

次は「ポッドキャストの番組名」と「RSSフィードURL」の入力です。

「ポッドキャストの番組名」と「RSSフィードURL」の入力

今回は、AnchorのRSSフィードURLを入力します。Anchorのプロフィールページで、RSSのアイコンをクリックすると、RSSフィードURLをコピーすることができます。

AnchorでRSSフィードURLをコピーする

コピーをしたRSSフィードURLを、Amazon Musicポッドキャストの入力欄に貼り付ければOKです。Nextをクリックして次に進みます。

Anchorを使っていない場合でも、ポッドキャストのRSSフィードURLを同じように入力すればOKです。

次は「名前」「メールアドレス」「ポッドキャストホスティングプロバイダー」「対象国」などの入力をします。

名前とメールアドレスなどの入力

メールアドレスは「ポッドキャストの所有者」の確認に使われるので、入力ミスのないようにしましょう。

「ポッドキャストホスティングプロバイダー」は、ポッドキャスト配信に使っているサービスを選択しましょう。私は、Anchorを使って配信をしているので、Anchorを選びました。

ポッドキャスト配信対象国も選択をしましょう。Amazonクリエイターコミュニティへの参加希望も選びましょう。

ポッドキャストホスティングプロバイダーを選ぶ

最後に「コンテンツライセンス契約」への同意にチェックを入れて、Nextをクリックします。

コンテンツライセンス契約への同意

ポッドキャスト配信の申請は以上で終了です。

ポッドキャスト配信の申請終了

あとはAmazon Music ポッドキャストで配信されるのを待つのみです。配信の確認は、ポッドキャストのページで検索をするとわかります。

多くの人にポッドキャストを届けよう

ポッドキャストや音声コンテンツを1つのプラットフォームで配信をするのもいいでしょう。私のように、いろいろなプラットフォームで配信するのいいでしょう。

音楽を聞くときに、Spotifyを使う人もいれば、Apple Musicを使う人、Amazon Musicを使っている人、それぞれが、自分の好きなサービスを使っています。ポッドキャストを聴きたいと思ったときに、自分が使っていないサービスでしか配信がされていないと、それは、購読のハードルになってしまいます。

また、いろいろなプラットフォームで、配信をすれば、それだけ多くの人にポッドキャストを届けることができます。

ポッドキャストを配信している人で、Amazon Musicにも興味がある人は、ぜひ、ポッドキャスト配信申請をしてみてください。