コンテンツの質が上がる!校正・校閲、推敲ツールの「文賢」は超オススメ!【記事を読む】

Pinterestの新しい機能「スケジュール」と「ノート」ってどういう機能?

Pinterestの新しい機能「スケジュール」と「ノート」ってどういう機能?

編集部のたけのこ(@webmaster_note)です。アイディアや画像を共有したり探すのに便利な「Pinterest」が、2020年5月にふたつの新しい機能を追加しました。

その名は「スケジュール」と「ノート」。かゆいところに手が届きそうな便利なこの機能、どのようなものなのでしょうか。詳しい機能や使い方、利用例を紹介していきます!

Piterestの新しい機能を紹介

スケジュールって?

Pinterestの新しい機能「スケジュール」では、プロジェクトのスケジュールを追加することで、ユーザーが希望するタイミングに合わせたおすすめのピンを受信できるようになりました。

さらに、プロジェクトが終了した後はボードを自動的にアーカイブしてくれます。イベントやパーティーに合わせて、クリエイティブのアイディアなどを集めるのにぴったりです。

ノートって?

「ノート」機能では、保存したアイディアに対して、ボード上にメモの記載やToDoリストの作成ができるようになりました。DIYレシピや料理レシピのアイディアの買うものリストを作るのにも便利そうです!

新しい機能の使い方

使い方はスケジュールもノートも簡単で、直感的に操作して活用できます!

スケジュール機能の使い方

①ボードで「+マーク」をタップし、メニューを開き「スケジュール」をタップします。

「スケジュール」をタップします

②日付の中から、プロジェクトの実施日や開催日をタップします。

プロジェクトの実施日や開催日をタップします。

③必要に応じて準備期間を選択します。

準備期間を選択します

④「完了」でボードにスケジュールが追加されます。

ボードにスケジュールが追加

ノート機能の使い方

①ボードで「+マーク」をタップし、メニューを開き「ノート」をタップします。

「ノート」をタップします

②タイトルや、保存してあるアイディア、メモ、タスクを追加します。

保存してあるアイディア、メモ、タスクを追加します

新しい機能の利用例

どちらの新機能も、様々な用途で使えそうです。それぞれの機能ごとにいくつか「こんな使い方ができそう」という利用例を考えてみました。

スケジュール機能の利用例

バースデーパーティーのアイディア

オンラインでもオフラインでも、食事から飾りつけ、プレゼントの計画まで、様々なアイディアを持ち寄る必要のあるバースデーパーティー。

計画するメンバーでボードを共有し、スケジュールから逆算して準備を始めましょう。かわいいケーキのレシピを共有したり、フォトクロップのデザインをストックしたりなど、事前にメンバー内で共有することで打ち合わせの時間が短くなりそうです。

旅行先のアイディア

スケジュールだけが決まっている旅行も、予算やメンバーの要望から、行き先を検討するのにスケジュール機能が使えます。

行き先が決まってからも、訪問したい観光地やお店を共有したり、宿泊先の写真を共有して気分を高めるのに使えそうです。

引っ越しに伴うインテリアのアイディア

引っ越しはやることが多くてバタバタするもの。引っ越し先のインテリアまで気を配る余裕はありませんが、家族の間で理想のインテリアを共有しておくことで、引っ越し後の片付けがしやすくなりそう。

新しい家具を買う際にも、家族それぞれの好みを考慮した買い物ができるでしょう。

ノート機能の利用例

週末の作り置きのアイディア

平日は忙しいから週末にまとめて献立を作っておく方は多いでしょう。ですが、まとめてたくさんの料理をするとなると、買い物の計画をたてたり、たくさんのレシピを参照するのに骨が折れます。

ノートを利用することで、購入する素材をタスク化したり、ピンをまとめて管理しておくことができます。

DIYのアイディア

材料をメモするだけではなく、実際にどのようなものが出来上がるのか、ビジュアルの情報が肝心なDIY。

ノート機能を使えば、工程の画像や写真も貼り付けることができます。工程表やイメージを一元管理すれば、DIY中で手が離せなくてもパッと参照することができます。

コーディネートのアイディア

今年の秋冬は何を着よう…?と服の購入を検討するとき、自分がどういうイメージになりたいのかを具体的に考えることで、賢い買い物ができそうです。

すでにワードローブにあるアイテムに似た画像や、理想のコーディネートの画像をノートにまとめ、セールやバーゲンに備えておくとよいでしょう。

まとめ

ひとりで使うときはもちろん、複数人で使うのにとても便利な「スケジュール」と「ノート」。仕事でも友人同士でも、アイディアの共有がよりいっそう捗りそうです。

2〜3人で行うプロジェクトやイベントの計画があれば、さっそく使い始めてみてはいかがでしょうか?