コンテンツの質が上がる!校正・校閲、推敲ツールの「文賢」は超オススメ!【記事を読む】

ビデオ会議ツール、どれを使えばいい?おすすめツール10選まとめて紹介

ビデオ会議ツール、どれを使えばいい?おすすめツール10選まとめて紹介

編集部のたけのこです。オンラインでビデオ会議をする機会が増えてきている今日この頃。たくさんのツールの中からどれを選べばいいかわからない、どういう違いがあるのかもわからない…という声も。

今回は、ビデオ会議オンライン会議ができる10のサービスをまとめて紹介します!自分に合いそうなものを見つけてみてください。

LINE

LINE

LINE(ライン)

運営LINE株式会社
費用無料
人数制限200人まで
時間制限制限なし
長所無料で使える。すでに多くの人が使用している。スマートフォンアプリでもPCアプリでも使用できる。フィルタ機能がある。一緒にYouTubeを見る機能がある(スマホアプリ版のみ)。
短所LINEで繋がっている相手としか通話できない。シリアスなビジネスシーンには不向き。
LINE
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 無料

Facebook Messenger

Facebook Messenger Messenger
運営Facebook, Inc.
費用無料
人数制限50人まで
時間制限制限なし
長所無料で使える。Facebookで繋がっていればすぐに通話ができる。スマートフォンアプリでもPCブラウザでも使用できる。相手が通話に出られなかった時に留守電を残せる。
短所Facebookで繋がっていないと使用できないため、外部のメンバーが多い場合は不向き。
Messenger
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 無料

Google Meet

Google Meet

Google Meet

運営Google LLC
費用無料〜3000円(G Suiteの機能に含まれる)
人数制限100人まで
時間制限2020年9月30日までは制限なし。10月からは60分まで(無料アカウントの場合)
長所Googleアカウントがあれば使用できる。PC同士であればブラウザ上で完結でき、アプリダウンロードが必要ない。英語のみだが、リアルタイム字幕機能がある。
短所モバイルで使用するならアプリが必要。会話録画ができない。バーチャル背景の設定ができない。
Google Meet
カテゴリ: ビジネス
現在の価格: 無料

Skype

Skype

Skype

運営Microsoft
費用無料
人数制限25人
時間制限1回の通話ごとに4時間、1日あたり10時間、1ヶ月100時間まで
長所無料で使用でき、録画が可能。時間制限がない。背景変更もできる。ダウンロードやサインアップをしなくても使用できるようになった。
短所時間制限があるので頻繁に長めの時間の会議はできない。大規模のウェビナーには人数制限が少ないため不向き。
Skype for iPhone
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 無料

Zoom

Zoom

Zoom

運営Zoom Video Communications, Inc.
費用無料〜2700円
人数制限100人〜500人
時間制限40分(無料プランのグループ通話の場合)〜無制限
長所接続が安定している。背景変更が可能。スマートフォンアプリ、PCアプリ、ブラウザで使用可能。ホワイトボード機能あり。録画機能あり。
短所セキュリティに不安あり。画面共有時に遅延が発生することがある。頻繁にアップデートがあり、更新作業に手間がかかる。
ZOOM Cloud Meetings
カテゴリ: ビジネス
現在の価格: 無料

Cisco Webex Meetings

Cisco Webex Meetings

Cisco Webex

運営Cisco Webex
費用無料〜3,400円/月
人数制限100人まで
時間制限無料版は50分まで、有料版は24時間まで
長所通信が安定している。ユーザー情報の保護に力を入れている。録音録画機能あり。ホワイトボード機能や画面共有機能あり。
短所バーチャル背景はiPhone版やiPad版でしか使用できない。人数にかかわらず無料版は50分の時間制限がある。
Cisco Webex Meetings
カテゴリ: ビジネス
現在の価格: 無料

Microsoft Teams ビデオ会議

Microsoft Teams

Microsoft Teams

運営Microsoft
費用無料〜2170円(Microsoft Teamsの一機能)
人数制限最大250人
時間制限なし
長所Teamsで管理する資料を確認したり、編集したりしながら通話が可能。
短所あくまでMicrosoft Teamsの一機能なので、Teams外のスタッフや取引先とのミーティングでの使用には不向き。
Microsoft Teams
カテゴリ: ビジネス
現在の価格: 無料

remo

remo

Remo

運営Remo.co
費用50ドル〜950ドル(14日間の無料トライアルあり)
人数制限50人〜800人
時間制限2時間
長所独自のUI・UXで多数の人と気軽に話せる。仮想オフィスのような感覚で交流が生まれる。
短所無料プランがなくコストがかかる。日本語ローカライズがされていない。

Houseparty

Houseparty

Houseparty

運営Life on Air Inc.
費用無料
人数制限8人
時間制限なし
長所完全無料。アプリ内にゲームが実装されている
短所アプリダウンロードが必要。堅めのビジネスシーンには不向き。
Houseparty
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 無料

whereby

whereby

Whereby

運営Whereby
費用無料〜59,99ドル
人数制限4人〜12人
時間制限なし
長所ブラウザで気軽に使用できる。参加者はサインインが必要ない。
短所5人以上で使用する場合は有料プラン必須。背景変更ができない。
Whereby – Video Meetings
カテゴリ: ビジネス
現在の価格: 無料

まとめ

というわけで、10のサービスを徹底比較してみました。普段何人くらいでビデオ会議をやるのか、どんな機能が必要なのかなど、自分に合うものを考えて使ってみるのがオススメです!

簡単に使い始められるものが多いので、気軽に使ってみてはいかがでしょうか?

¥