複数の「スマホ決済(QRコード決済)」を一括導入できる店舗向けサービスまとめ

Twitterで毎週、決まった曜日・時間にツイート(自動で)する方法【IFTTT】

Twitterで毎週、決まった曜日・時間にツイート(自動で)する方法【IFTTT】

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。Twitterで毎週、決まった曜日、決まった時間に、決まった文言をツイートしたいときってありますよね。

今回は「IFTTT(イフト)」を使って、毎週、決まった曜日の決まった時間に、決まった文言を自動でツイートする方法を紹介します。

IFTTTを使って決まった曜日の決まった時間に、決まった文言を自動でツイートする

IFTTT(https://ifttt.com/)は、様々なアクションを無料で自動化できる神ツールです。Webマーケティング担当者で利用をしている人も多いと思います。

IFTTT(イフト)

では、IFTTTを使って、決まった曜日の決まった時間に、決まった文言を自動でツイートする設定をしていきます。

作成するApplet(アクションのルール)は「決まった曜日の決まった時間になったらツイートをする」です。

まずは「Create」をクリックして、Applet(アクションのルール)の作成画面を開きます。

IFTTTでCreateを選ぶ

次に「何をしたら」を設定します。「+This」をクリックします。

IFTTTで何をしたらを設定する

今回は「決まった曜日の決まった時間になったらツイートをする」なので「Date & Time」を選択します。サービスの検索窓に「Date」と入力すれば、すぐに見つかります。

IFTTTでDate&Timeを選択する

Date&Timeで使うトリガー(アクションのきっかけ)は「Every day of the week at」です。

Every day of the week atを選択する

ちなみに、「毎日、同じツイートをしたい」ときは「Every day at」。「決まった時間に同じツイートをしたい」ときは「Ever hour at」で設定をすることができます。

ほかにも「Every month on the(毎月)」や「Every year on(毎年)」なども設定することができます。

話を戻します。Every day of the week atをクリックすると、詳細の設定画面が表示されます。

「Time of Day」でツイートをする時間(何時何分)を設定します。「Day oh the week」で何曜日にツイートをするかを設定します。

↓では、毎週、月曜日(Monday)の12:00(PM)と設定しています。

Every day of the week atの設定をする

設定をしたら「Create trigger」をクリックしましょう。これで「決まった曜日の決まった時間になったらツイートをする」の「決まった曜日の決まった時間になったら」の設定が完了です。

次は「ツイートをする」の設定をしていきます。「+That」をクリックします。

IFTTTでThatの設定をする

ツイートをするので、サービスではTwitterを選択します。

IFTTTでツイートの設定をする

今回は、テキストのみのツイートをするので「Post a tweet」を選択します。写真や画像もツイートしたいときは「Post a tweet with image」を選択してください。

IFTTTでツイートをする設定をする

ツイートの設定画面が表示されます。「Tweet text」の枠内にツイートした文言を入力します。画面を開いてすぐに入力されている文言は全て消して大丈夫です。

IFTTTでツイートする文言を入力する

ツイートをする文言の入力が終わったら画面したの「Create action」をクリックします。最後に確認画面が表示されるので「Finish」をクリックします。これで全ての作業が完了です。

IFTTTでアプレットを作成する

作成したアプレットは後から修正をすることもできます。修正や変更をしたいときは「My Applets」から、修正をしたいAppletを開きます。

その後「Settings」をクリックします。

IFTTTで作成したアプレットを修正する.jpg

修正画面が表示されます。設定の修正したら、画面下の「Save」をクリックして完了です。

IFTTTでアプレットを修正する

IFTTTを使えば簡単に設定できる

IFTTTを使えば「毎週、決まった曜日、決まった時間に、決まった文言をツイートする」も簡単に設定をすることができます。

もちろん他にもいろいろなアクションを作成することができます。まだIFTTTを使ったことがない人は、ぜひ使ってみてください!