【ピックアップ】文章チェックに最適!校正・校閲、推敲ツールの「文賢」が超オススメ!

noteが「noteで書くボタン」を発表!ブログ記事を簡単にnoteで引用できる!

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。noteがソーシャルプラグイン「noteで書くボタン」をリリースしましたね。

Webサイトやオウンドメディアに設置することで、WebサイトのURLを簡単にnoteの記事に引用できます。

「noteで書くボタン」

「noteで書くボタン」を設置してみました↓

「noteで書くボタン」をクリックすると、ボタンが設置されているWebページが引用された状態のnoteの記事作成ページが開きます。

noteで書くボタン

URLをコピペしたりする手間が省けるのでいいですね。

「noteで書くボタン」の設置方法

Webサイトに「noteで書くボタン」は、コード(以下、参照)を貼り付けるだけで設置できます。

<a href="https://note.mu/intent/social_button" class="note-social-button" data-url="https://homepage-reborn.com"></a>
<script async src="https://cdn.st-note.com/js/social_button.min.js"></script>

上記のコードのうち「data-url=”WebサイトのURL”」のURLは設置するWebサイトに合わせて修正する必要があります。

ハッシュタグを追加することもできます。「data-hashtags=”Webマスターの手帳,Webマーケティング”」で「””」内に「,」を使ってハッシュタグにするフレーズを追加するだけです。

WordPressの記事に「noteで書くボタン」を設置する方法

WordPressで「noteで書くボタン」を設置する場合は、data-url=”WebサイトのURL”で以下のようにphpパーマリンクを使えば、各ページのURLを自動で取り込むことができます。

data-url="<?php the_permalink(); ?>"

noteで引用してもらいやすくなる

「noteで書くボタン」を設置することで、noteで引用してもらえる機会が増えるかもしれませんね。

そもそも、noteで引用してもらえるようなコンテンツを作る必要があるので、コンテンツづくりも頑張りましょう!

参考:「noteで書く」ボタンの設定方法 – noteヘルプセンター