fbpx
【PR】簡単にインフォグラフィックが作れる「venngage(ヴァンゲージ)」が便利すぎた!【YouTube】

Pinterest活用の応用編「ピン」に詳細情報を表示できる「リッチピン」をWebサイトに導入しよう!

Pinterest活用の応用編「ピン」に詳細情報を表示できる「リッチピン」をWebサイトに導入しよう!

企業としてPinterest(ピンタレスト)を活用したい、またはビジネスに活用したいという方に、オススメしたいのがPinterestの「リッチピン」です。

リッチピンは、通常のピンよりも、それぞれのコンテンツに合わせて、詳細な情報を表示させることができる、まさにリッチなピンです。

リッチなピンといわれてもピンとこないと思いますので、参考となるピンを紹介しながら、説明をしていきます。

今回のリッチピンは、商品を販売しているWebサイト、Webメディア、レシピを紹介しているWebサイトが対象となります。

Pinterestのリッチピントは4種類

リッチピンには種類があり、すべてのWebサイト、すべてのビジネスタイプで有効というわけではありません。

先ほども、書いたとおり、商品を販売しているWebサイト、Webメディア、レシピを紹介しているWebサイトで、導入することができる機能です。

リッチピンの種類は次の4種類です。

  • プロダクトピン(Product Pins):商品販売向け
  • リーディングピン(Article Pins):Webメディアやブログ向け
  • レシピピン(Recipe Pins):レシピ紹介向け
  • アプリピン(App Install Pins):アプリ向け

それでは、それぞれのリッチピンについて紹介をしていきます。

ちなみに、リッチピンではない、一般的なピンは、こんな↓表示です。

ピンタレストの一般的なピン

プロダクトピン

ピンタレストのプロダクトピン

プロダクトピンは、プロダクト向け、つまり商品向けのピンです。

商品の価格や在庫状況、購入先などの情報をピンに表示することができます。

リーディングピン

ピンタレストのリーディングピン

リーディングピンは、Webメディアやブログの記事向けのピンです。

リーディングピンでは、記事のタイトルや概要、著者などを表示することができます。

レシピピン

ピンタレストのレシピピン

レシピピンは、料理のレシピ向けのピンです。

ピンに料理レシピ(材料や分量、調理時間など)をさせることができます。

アプリピン

アプリピンは、ピンにアプリのインストールボタンが表示されます。

ただし、アプリピンは、対象が米国のアプリのみとなっているので、ここでは割愛します。

Webサイトにリッチピンを導入する方法

ご覧いただいたように、リッチピンを導入すると、通常のピンを、よりコンテンツに合った形で提供することができます。

WebサイトにOGPタグを書き込む

リッチピンを導入するには、まず、Webサイトの、HTMLコードの<head>と</head>のなかに、OGPタグ(metaタグ)が書かれている必要があります。

それぞれのリッチピンによって、必要なOGPタグは多少異なりますが、大抵のWebサイトでは、FacebookやTwitter向けにOGPを設定していると思いますので、作業としては難しくないと思います。

ちなみにWebマスターの手帳では、metaタグの修正などなく、リーディングピンを導入することができました。

例えば、リーディングピンを導入するには、次のOGPタグをWebサイトに書いておく必要があります。

<meta property="og:title" content="記事のタイトル"/>
<meta property="og:description" content="記事の説明" />
<meta property="og:type" content="article" />

みてお分かりのとおり、このmetaタグは、OGPに対応しているWebサイトなら、必ず書かれていますよね。

また、OGPのmetaタグ以外に、Schema.orgでマークアップしてもOKです。(レシピピンでは、OGPではなくSchema.org、またはhRecipeのマークアップをする必要があります

リッチピンで何を表示させるかは、マークアップするしないで調整をすることができます。各リッチピンのマークアップについて、詳しくは「ウェブサイトでリッチピンを有効にする | ヘルプセンター」または「Pinterest Developers」を参照してください。

Rich Pins Validatorでチェクする

Webサイトでのマークアップが完了したら、PinterestのRich Pins Validatorを使って、マークアップの確認をしましょう。

OGPタグなどを記載したWebページのURLを、Rich Pins Validatorの「Enter a valid URL」の記入欄に入力をして、右側の青いボタン「Validate」をクリックしましょう。

Rich Pins Validatorでチェクする

AMPのエラーでうまくいかず

WEBマスターの手帳ではAMPを導入していたのですが、記事のマークアップの影響で、AMPにてエラーが出ていました。

このエラーが影響(と思われる)していたため、リッチピンでもエラーが出てしまっていました。AMP対応を止めたところ、リッチピンの対応ができました。

Pinterestにリッチピンの申請を送る

Rich Pins Validatorでマークアップのチェックをして、エラーがなく、正しくリッチピンのデータが表示されていたら、Pinterestにリッチピンの申請を送りましょう。

ピンタレストにリッチピンの申請を送る

OGPなどmetaタグでマークアップしている場合は「HTML Tags」にチェックを入れておけばOKです。

リッチピンの申請が通ると、Pinterestからメールが届きます。

ピンタレストからリッチピンの承認メール

Rich Pins Validatorで、再度チェックしてみると「Rich Pins enabled」が緑のチェック表示になっているのが確認できます。

Rich Pins enabledがグリーン表示に

これで、Webサイトへのリッチピンの導入は完了です。あなたのWebサイト(ドメイン)がピンされるとリッチピンとしてピンされます。

WEBマスターの手帳も「リーディングピン」を導入していますので、記事の画像をピンすると、リーディングピンとして詳細が表示されます。

該当するWebサイトではリッチピンの導入をしよう

リッチピンの導入は、とても簡単です。WebマスターやWebクリエイターなら、瞬殺で終わると思います。

OGPが正しくマークアップできていれば、Rich Pins Validatorでチェックして、申請を送るだけです。

レシピピンは、タグを追記する必要があると思いますが、作業自体は難しくないですので、リッチピンが使えるWebサイトでは、ぜひリッチピンを導入してみてください!

参考 リッチピンPinterest for Business