Google検索で上位表示するための基礎コース【SEO対策 入門講座】

YouTubeライブをPCの内蔵カメラから簡単に配信できる新機能「カメラ」が登場!

YouTubeライブをPCの内蔵カメラから簡単に配信できる新機能「カメラ」が登場!

YouTubeライブに新機能が登場しました!いままでパソコンからYouTubeライブを配信するには、OBSやWireCastのような配信ソフトが必要でした。それが今後は、配信ソフトがなくてもYouTubeライブをすることができます!

iPhoneなどスマートフォンからはYouTubeの公式アプリを使えば、簡単にYouTubeライブを配信することができますが、同様にPCからも簡単にYouTubeライブを配信できるようになりました!

YouTubeライブの「カメラ」機能

YouTubeライブの「カメラ」機能

YouTubeの「クリエイターツール」を開いて、ライブストリーミングを選ぶと「カメラ」という項目があります。これが今回紹介する新機能です。

この「カメラ」を使うと、配信ソフトを使わずにPCだけでYouTubeライブを配信することができます

Facebookライブのブラウザのみでライブ配信ができる機能のYouTubeライブ版ですね。

PCの内蔵カメラやWebカメラの映像を配信する

「カメラ」を使う場合は、PCに内蔵されているカメラやWebカメラの映像(音声はPCの内蔵マイクを使用)が使われます。

ノートパソコンにカメラが内蔵されていれば、まさにパソコン1台あればYouTubeライブを配信することができます。

配信ソフトなど、あれこれ設定をする必要がないので、YouTubeライブがより手軽になりますね。

PCから配信ソフトを使わずにYouTubeライブを配信する方法

まずはYouTubeの「クリエイターツール」を開きましょう。その後「ライブストリーミング」を選択します。

そうすると「カメラ」という項目があります(YouTubeチャンネルによっては未実装の場合があります)ので、クリックをします。マイクとカメラの使用許可を求められるので「許可」をクリックします。

YouTubeにマイクとカメラの使用を許可する

PCのカメラが起動して映像が表示されます。YouTubeライブのタイトルや公開範囲、説明文を設定しましょう。

YouTubeライブのタイトル設定

公開範囲は「限定公開」を選ぶこともできるので、URLを知っている人だけが視聴できるYouTubeライブをすることもできます。

また、使用するカメラやマイクの選択をすることもできます。

YouTubeライブで使うカメラとマイクの選択

詳細設定では、チャットの有無、スポンサー設定、収益化設定をすることができます。

YouTubeライブの詳細設定

YouTubeライブのタイトルなどの設定が終わったら「次へ」をクリックします。

すぐにサムネイル写真の撮影カウントダウンがはじまります。撮影後に撮り直すことができますが、準備をしておきましょう。

YouTubeライブのサムネイル写真の撮影

サムネイル写真の撮影が終わると、YouTubeライブの配信画面が表示されます。画面の右にはチャット欄が表示されています。

YouTubeライブの配信をはじめるには「ライブ配信を開始」をクリックすると、すぐに配信が始まります。

PCからYouTubeライブの配信を始める

ライブ配信がはじまると、画面左上に、配信の経過時間や視聴者数、評価数が表示されます。

画面の下には音声のボリューム表示もあるので、無音になっていないか、音割れが起こっていないかを確認することができます。

パソコンからのYouTubeライブの配信画面

YouTubeライブの配信を終わるときは、画面下の「ライブ配信を終了」をクリックすれば、配信が終わります。

配信が終了すると、そのYouTubeライブ配信に関するデータ(再生回数、最大同時接続数、新規チャンネル登録者、時間、合計総再生時間、平均再生時間)が表示されます。

YouTubeライブのデータ表示

配信ソフトがなくてもできるのは便利!

今回、登場した「カメラ」によって、PCから配信ソフトがなくてもYouTubeライブをすることができるようになりました。

これで、パソコンが苦手という人でも簡単にYouTubeライブを配信できるでしょう。Webカメラを三脚に乗せてパソコンに繋げば、カメラアングルの選択肢も広がりますね。

SNSでのライブ配信が、どんどん手軽になっていく!素晴らしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA