WEBマスターの手帳 > わずか2タップ!Twitterからライブ配信ができるようになってPeriscopeとの親和性アップ。

2016年12月27日

わずか2タップ!Twitterからライブ配信ができるようになってPeriscopeとの親和性アップ。

わずか2タップ!Twitterからライブ配信ができるようになってPeriscopeとの親和性アップ。

Twitterがいよいよライブ配信に本格的に対応しましたね。今まではPeriscope(ペリスコープ)経由でしかできなかったライブ配信が、Periscopeを経由しなくてもライブ配信ができるようになりました。



Twitterでライブ配信をする方法

Twitterでツイートをする際に「ライブ」の選択肢が追加されています。これをタップします。

Twitterからライブ配信

初めて使う場合は、次のような画面が表示されるので「確認」をタップしましょう。

Twitterライブの確認

そうするとPeriscopeと同様のライブ配信画面が表示されます(カメラやマイクのアクセスを許可してください)。

Twitterからライブ配信をする

配信のタイトルを入力して「ライブ放送する」をタップすると配信がスタートします。

Twitterのようなリアルタイム性の高いプラットフォームで、これだけ簡単にライブ配信ができるようになるとライブ配信といえばTwitterとなる日が来るかもしれませんね。

TwitterとPeriscopeの親和性がパワーアップ

あくまでもTwitterにPeriscopeへのライブ配信機能が実装されたというだけで、Periscopeがなくなったわけではありません。

Twitterの持つライブ配信アプリPeriscopeをより深く連動させ、Twitterのアプリから直接ライブ動画を配信できるようにします。これまではTwitterのアプリでライブ動画を撮ろうとすると、Periscopeが自動的に立ち上がるシステムでしたが、本日より、これがもっと簡単で便利になりました。
出典元:#GoLive : ライブの動画配信もTwitterからどうぞ | Twitter Blogs

またライブ配信へのコメントやハートを送るもTwitter上でできるようになっているので、今まで以上にTwitterとの親和性が高まりましたね。

ライブ配信されている動画は、TwitterでもPeriscopeでもご覧いただくことができるのはもちろん、これまではPeriscopeからのみ可能だった、コメントやスクリーンをタップしてハートを送ることもTwitter上から直接行えるようにしました。
出典元:#GoLive : ライブの動画配信もTwitterからどうぞ | Twitter Blogs

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


【オンライン講座】会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

企業が集客や売り上げUPに役立つためのFacebook、Twitter、Instagram、YouTube、企業ブログなどSNS(ソーシャルメディア)を活用するために必要や知識や理解を徹底解説!

企業ブログ(オウンドメディア)の重点解説も付いているので、SNS活用の初心者だけでなく、ビジネスでブログを活用したい!という方にもオススメの講座です!

あなたにオススメする記事

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事を書いた人

遠藤 聡

中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を承っております。
無料のメール相談も受け付けております。詳細は無料メール相談ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事

寄稿記事

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事