WEBマスターの手帳 > WEBマーケティング > WEB広告 > Facebook広告でテキストが20%以上でも広告は出せるけど、テキストが含まれていないほうが良いことに変わりなし!

WEB広告

2016年11月29日

Facebook広告でテキストが20%以上でも広告は出せるけど、テキストが含まれていないほうが良いことに変わりなし!

Facebook広告でテキストが20%以上でも広告は出せる
Twitter 6 Facebook Google+ はてブ 1 Pocket チャットワーク Eight Feedly

Facebookで広告を出す際に以前は、広告で使用する画像の20%以上をテキストが占めていると審査が通りませんでした。

ですが、2016年6月から、テキストが20%以上を占めていても広告を出すことができるようになっています。

ただし!広告を出すことはできるのですが、20%を超えていると「リーチ(広告が届く数)」に制限が伴います。

スポンサードリンク

20%をテキストが占めても出稿はできる

Facebook広告で使う画像の20%以上をテキストが占めていても広告を出すことはできますが、そうはいってもFacebookで広告を出す場合には「テキスト(文字)」が画像内に全く入っていないのがベストです。

画像に全く画像が入っていない場合

使用する画像にテキストが含まれていなければ全く問題はありません。

テキストが少量含まれる場合

テキストが少量含まれる場合

出典元:Facebook広告の画像に文字を入れる場合のガイドライン | Facebookヘルプセンター

テキストが少し含まれる場合はリーチの範囲が狭まる可能性があります。

テキストが中程度含まれる場合

テキストが中程度含まれる場合

出典元:Facebook広告の画像に文字を入れる場合のガイドライン | Facebookヘルプセンター

こちらも少量の場合と同じく、リーチの範囲が狭まる可能性があります。(少量のテキストよりも制限される可能性がある)

テキストが多すぎる場合

テキストが多すぎる場合

出典元:Facebook広告の画像に文字を入れる場合のガイドライン | Facebookヘルプセンター

テキストが多すぎる場合には、広告が配信されることはありません。

テキストは含めないほうがベター

20%ルールが緩和されたとはいえ、Facebook広告では使用する画像の20%以内に抑える、またはテキストが含まれていない画像を使用する方がベターです。

Facebook広告で使用する画像をチェックする方法

テキストオーバーレイツール

Facebook広告で使う画像のテキスト割合が20%以内かを簡単に確認する方法にも書きましたが、Facebook広告で画像を使用する場合は「テキストオーバーレイツール」でチェックすることができます。

Facebook広告で使用予定の画像を「アップロード」して画像内テキスト評価をしましょう。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

Facebook広告でテキストが20%以上でも広告は出せる

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事