WEBマスターの手帳 > Facebook広告でテキストが20%以上でも広告は出せるけど、テキストが含まれていないほうが良いことに変わりなし!

2016年11月29日

Facebook広告でテキストが20%以上でも広告は出せるけど、テキストが含まれていないほうが良いことに変わりなし!

Facebook広告でテキストが20%以上でも広告は出せる

Facebookで広告を出す際に以前は、広告で使用する画像の20%以上をテキストが占めていると審査が通りませんでした。

ですが、2016年6月から、テキストが20%以上を占めていても広告を出すことができるようになっています。

ただし!広告を出すことはできるのですが、20%を超えていると「リーチ(広告が届く数)」に制限が伴います。



20%をテキストが占めても出稿はできる

Facebook広告で使う画像の20%以上をテキストが占めていても広告を出すことはできますが、そうはいってもFacebookで広告を出す場合には「テキスト(文字)」が画像内に全く入っていないのがベストです。

画像に全く画像が入っていない場合

使用する画像にテキストが含まれていなければ全く問題はありません。

テキストが少量含まれる場合

テキストが少量含まれる場合

出典元:Facebook広告の画像に文字を入れる場合のガイドライン | Facebookヘルプセンター

テキストが少し含まれる場合はリーチの範囲が狭まる可能性があります。

テキストが中程度含まれる場合

テキストが中程度含まれる場合

出典元:Facebook広告の画像に文字を入れる場合のガイドライン | Facebookヘルプセンター

こちらも少量の場合と同じく、リーチの範囲が狭まる可能性があります。(少量のテキストよりも制限される可能性がある)

テキストが多すぎる場合

テキストが多すぎる場合

出典元:Facebook広告の画像に文字を入れる場合のガイドライン | Facebookヘルプセンター

テキストが多すぎる場合には、広告が配信されることはありません。

テキストは含めないほうがベター

20%ルールが緩和されたとはいえ、Facebook広告では使用する画像の20%以内に抑える、またはテキストが含まれていない画像を使用する方がベターです。

Facebook広告で使用する画像をチェックする方法

テキストオーバーレイツール

Facebook広告で使う画像のテキスト割合が20%以内かを簡単に確認する方法にも書きましたが、Facebook広告で画像を使用する場合は「テキストオーバーレイツール」でチェックすることができます。

Facebook広告で使用予定の画像を「アップロード」して画像内テキスト評価をしましょう。

関連用語: ,

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


【オンライン講座】会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

企業が集客や売り上げUPに役立つためのFacebook、Twitter、Instagram、YouTube、企業ブログなどSNS(ソーシャルメディア)を活用するために必要や知識や理解を徹底解説!

企業ブログ(オウンドメディア)の重点解説も付いているので、SNS活用の初心者だけでなく、ビジネスでブログを活用したい!という方にもオススメの講座です!

あなたにオススメする記事

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

この記事を書いた人

遠藤 聡

中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を承っております。
無料のメール相談も受け付けております。詳細は無料メール相談ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事

寄稿記事

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事