WEBマスターの手帳 > WEB担当者 > https(SSL対応)にしたときに必要になるFeedlyボタンの対応方法

WEB担当者

2016年8月17日

https(SSL対応)にしたときに必要になるFeedlyボタンの対応方法

https(SSL対応)にしたときに必要になるFeedlyボタンの対応方法
Twitter 3 Facebook 7 Google+ はてブ 1 Pocket チャットワーク Eight Feedly

WEBサイトをhttps(SSL対応)にするとRSSが正常に取得できなくなるのですが、今はFeedlyを利用している方が多いと思います。Feedlyの場合は特に問題なくRSSを取得してくれるのですが、Feedlyの登録ボタンはhttps対応をする必要があります。

今回はFeedlyボタンのSSL対応の方法を解説したいと思います。ちょっとコードを修正するだけなので、難しくありません。

スポンサードリンク

Feedlyボタンのコードをhttpsに修正する

まずは「feedlyのWEBサイト」でFeedlyボタンのHTMLコードを取得します。

Feedlyのコードをssl対応する

生成されたHTMLコードのリンクURLを修正します。赤線の部分↓
Feedlyのコードを修正

修正箇所は以下の3箇所です。

Feedlyのコードの修正箇所

  • リンクURLの先頭のhttpをhttpsに変更
  • #subscription%2Ffeed%2Fの直後の「http%3A%2F%2F」を削除
  • 画像URLのhttpをhttpsに変更(Feedly公式画像を使う場合)

これでhttpsのWEBサイトもFeedlyボタンを使ってFeedlyに登録できるようになります。

この記事をシェアして頂けると嬉しいです

Pocket

この記事に対するあなたの評価をお教え下さい

星印をクリックして5段階評価で、この記事に対する、あなたの評価をお教え下さい。

ヒドイイマイチ普通良い凄く良い(投票数:1 、平均:4.00)
Loading...

Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

https(SSL対応)にしたときに必要になるFeedlyボタンの対応方法
友だち追加

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

テックアカデミー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事