動画で学ぶ【SEO対策 入門講座】Google検索で上位表示するための基礎コース|Udemy

あのWEBサイトの過去がのぞける?!「Wayback Machine」でタイムトラベルしてみよう!

あのWEBサイトの過去がのぞける?!「Wayback Machine」でタイムトラベルしてみよう!

この記事は、最後の更新が【2016年6月28日】のため、記事の内容が古くなっている可能性があります。

最新の記事や関連記事をお探しの方は「サイト内検索」をしてみてください。

いつも見ているWEBサイトがリニューアルした時などに「このWEBサイトって昔はどんなWEBサイトだったんだろう?」と興味を持ったことはありませんか?

それぞれのWEBサイトにも歴史があるので、過去のデザインなど見ると意外な発見や気づきがあるかもしれません。

でも昔の状態をどうやって見たらいいの?と思われたあなたにお勧めのツールがあります。

Wayback Machine

Wayback Machine

Wayback Machine

Wayback Machineはインターネットアーカイブ(Internet Archive)という、世界中のWEBサイトなどのデジタル情報をアーカイブ(保存)している非営利法人が提供しているツールです。

調べたいWEBサイトのURLを入力すると、そのWEBサイトのアーカイブ情報をカレンダー形式で表示してくれます。

WEBマスターの手帳の過去を見てみた

試しに「WEBマスターの手帳」の過去を見てみました。URLを入力するとカレンダーが表示されました。
Wayback Machineで過去を見る

WEBマスターの手帳は2012年にドメインを取得してWordPressを使って作りました。最初は名前も「WEBマスターの手帳」ではありませんでした。

アーカイブされている日付をクリックすると、その時のWEBサイトが表示されます。
Wayback Machineで過去の状態を表示

懐かしいデザインが出てきました。笑

政府系サイトなど一部、アーカイブされていない場合もありますが、大抵のWEBサイトはアーカイブされているので、いつも見ているWEBサイトの歴史をのぞいてみてはどうでしょう。意外と楽しいですよ。

インターネットアーカイブ(Internet Archive)

インターネットアーカイブ(Internet Archive)

Internet Archiveはデジタル図書館を作ることが目的の団体です。そのためWEBサイトだけでなく、電子書籍や画像、動画、音楽など様々な電子データをアーカイブしています。

膨大なデータをアーカイブしているので、WEBサイトだけでなく、他のデータを見るのも楽しいですよ。