【寄稿】SNSでバズるための、たった一つの答え。月間200万PVまで成長したBooks&Appsのブログ運営術

無料ブログサービス8社がスパムサイトの情報共有でスパム対策で協力しはじめる!

無料ブログサービス8社がスパムサイトの情報共有で協力しはじめる!

WEBにはびこるスパムサイトに不快感を持っている人にとって、明るいニュースが届きましたね。

ブログサービスを提供している大手8社がGoogleの元に集まって、それぞれ会社が持つスパムサイトの情報を共有していくとのことです。

無料ブログを悪用したスパムの根絶に期待!

ニュースの詳細は後述しますが、私としては今回のニュースはとても素晴らしいと思っています。

無料ブログを悪用して、無益なサテライトサイトを大量生成したり、訪問者を騙すような詐欺サイトを作ったり、他人のブログ記事をパクって著作権を侵害したりといった、スパマーたちが根絶していってもらいたいと期待をしています。

GoogleのAdvanced Hosting Meetupプログラム

今回、大手8社が集結したのが、Google(サーチクオリティチーム)が主催となり、ホスティングサービス運営者を対象にした「Advanced Hosting Meetup」です。

ホスティングサービスとは、いわゆる「無料ブログ サービス」です。

ホスティング サービス運営者のみなさまと、Google 検索と相性の良いサービス運営や、サービス上のスパム サイト対策について情報交換、対策実施を進める Advanced Hosting Meetup プログラム。
引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ: Advanced Hosting Meetup プログラム : 結果のご報告

Advanced Hosting Meetupに参加している8社

  • NTTレゾナント株式会社(gooブログ)
  • 株式会社サイバーエージェント(アメブロ、 Ameba Ownd)
  • シーサー株式会社(Seesaaブログ)
  • GMO ペパボ株式会社(JUGEM、ロリポップ!レンタルサーバー)
  • 株式会社はてな(はてなブログ、はてなダイアリー)
  • ピクシブ株式会社(pixiv)
  • ヤフー株式会社(Yahoo!ブログ)
  • 楽天株式会社(楽天ブログ、楽天市場)

具体的になにをしていくのか?

Advanced Hosting Meetupに参加している8社は今後以下の様な取り組みをしていくそうです。

スパム サイト情報の相互共有

スパム サイト情報の相互共有では各サービス上のスパムサイトに関する情報を参加企業間で共有していくとのことです。

各社が個別でスパム対応するよりも企業の枠を超えて、情報共有するほうが、スパム退治には有効ですよね。

アフィリエイト プログラムの悪用抑止

悪質なアフィリエイトサイトについても参加企業間で情報共有をするそうです。また参加企業の中には「楽天アフィリエイト」も含まれていることから、悪質なアフィリエイトサイトに対して、楽天アフィリエイトが対策を打つそうです。

楽天アフィリエイトは、提供された情報をもとに調査を実施し、必要に応じて悪質なアフィリエイト サイトに対する対策を実施します。
引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ: Advanced Hosting Meetup プログラム : 結果のご報告

健全にアフィリエイトサイトを運営している人たちがいる一方で、訪問者を騙して、WEBを汚しているのも事実です。

悪質アフィリエイトサイトがアフィリエイト収益を得られなくなるような環境になれば、それら悪質なアフィリエイトサイトも減っていくでしょう。

SEOの道に楽な道はない

未だにサテライトサイトや相互リンクグループなどをSEOとして謳っている人たちがいること自体、理解に苦しむのですが、SEOに楽な道はありません。

「必ず儲かる!」「楽に稼ぐ!」という言葉に騙されるべきでないように、SEOでも「簡単」「必ず」「楽に」といった甘い言葉に騙されないでください。

SEOでは、目標に向かって、怠けず、楽しようとせず、1歩1歩進んでいった先にしか成功はありません。