WEBマスターの手帳 > WEB担当者 > 【F8】WEBサイトに「保存ボタン」が設置できる「Save Button」が公開

WEB担当者

2016年4月16日

【F8】WEBサイトに「保存ボタン」が設置できる「Save Button」が公開

【F8】WEBサイトに「保存ボタン」が設置できる「Save Button」が公開
Twitter 13 Facebook 7 Google+ はてブ 2 Pocket 2 チャットワーク Eight Feedly

Facebookでタイムラインに流れてきた投稿などを「保存済みリスト」に保存できる機能。使っていますか?

Facebookのタイムラインに流れてきた投稿をあとから探すのって大変(ほとんど見つからない)ですよね。自分は気になった投稿など「保存」して、「あの投稿が見つからない!」とならないようにしています。

スポンサードリンク

WEBサイトにFacebookで保存する「保存ボタン」を設置できる

WEBサイトやWEBコンテンツに保存ボタンを設置しておけば、Facebook以外のWEBサイトでもFacebookの保存済みリストに保存をすることができるようになりました。

Facebookの「保存済みリスト(https://www.facebook.com/saved)」に保存すれば、あとからいつでも見ることができます。

Facebook保存済みリスト

実際に「保存ボタン」を設置してみると、こんな↓感じです。

保存ボタンのコードの取得方法

保存ボタンを設置するためのコードは簡単に取得することができます(Facebookページプラグインとほとんど同じ)。

Save Button – ソーシャルプラグインへ行き、保存するURL(WEBサイトや記事URL)を設定して「コードを取得」をクリックするとコードが表示されます。

facebookの保存ボタンの設置

あとはWEBサイトなどで「保存ボタン」を設置したい箇所にコードを貼り付ければOKです。

Facebook内で投稿を「保存」の方法

一応、Facebookのタイムラインに流れてきた投稿を「保存」する方法を載せておきます。とても簡単です。

投稿の右上の下三角マークをクリックすると「リンクを保存」という項目があるので、これをクリックするだけです。

Facebookで投稿を保存する
 

この記事をシェアして頂けると嬉しいです

LINEで送る
Pocket

この記事に対するあなたの評価をお教え下さい

星印をクリックして5段階評価で、この記事に対する、あなたの評価をお教え下さい。

ヒドイイマイチ普通良い凄く良い
Loading...

Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

【F8】WEBサイトに「保存ボタン」が設置できる「Save Button」が公開
友だち追加

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

Webマーケティングスキルを習得するならテックアカデミー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事