WEBマスターの手帳 > WEB担当者 > ホームページでPDFファイルなど資料をダウンロードできるようにする方法

WEB担当者

2013年9月20日

ホームページでPDFファイルなど資料をダウンロードできるようにする方法

splash.png
Twitter 1 Facebook Google+ はてブ Pocket チャットワーク Eight Feedly

スポンサードリンク

ホームページでPDFファイルをダウンロードできるようにする方法

昨日、WordPressで簡単に資料ダウンロードできるようにする方法「WordPress Download Manager」という記事でWordpressでの方法をご紹介しました。今日は、一般的な方法をご紹介します。

サーバーにダウンロード用ファイルをアップする

基本的にはサーバー(データの保管場所)にPDFファイルなどをアップロードして、そのファイルへアクセスするURLをリンクとしてホームページに貼るだけです。

簡単に言ってしまうと、ホームページなどもサーバーにアップロードしているhtmlファイルにアクセスしているだけなので、ファイルの保存形式がhtmlファイルかpdfファイルかの違いだけです。ホームページもhtmlファイルをサーバーにアップロードしてページを増やしていきます。同じようにpdfファイルをサーバーにアップロードすればいいんです。

FTPソフトを使ってデータをアップロードする

FTPサーバに接続して手元のコンピュータとファイルをやり取りするためのアプリケーションソフト
FTPクライアントとは:IT用語辞典

Windows:FFFTP(どうやらFFFTPは、あまりよくないそうですので、WinSCPに修正させて頂きます)

Cyberduck
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥2,900

ホームページのindex.htmlと同じ階層(別フォルダを作らない)にファイルをサーバーにアップロードした場合は、

<a href="○○○.pdf">資料ダウンロード</a>

このようにリンクを貼ればOKです。

同じ階層に入れなくてもファイルへのリンクを貼ればOKです。サーバー内に別フォルダ「download」を作った場合は、

<a href="download/○○○.pdf">資料ダウンロード</a>

/の意味は「〜の中の」と考えるとわかりやすいです。

例の場合は「downloadフォルダの中にある○○○.pdf」ということになります。

この記事が良いと思ったらシェアしてください

Pocket

御社のターゲット像を明確にする!ペルソナ作成シート

ペルソナ作成シート

WEBマーケティングで重要なのが「相手は誰?」というターゲット像を明確にすることです。

そこでWEBサイトを訪問する人は誰?企業ブログを訪問する人は誰?SNSで繋がりたい人は誰?これらターゲット像を明確にするための「ペルソナ作成シート」を【無料】で配布しています。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

splash.png

この記事に「いいね」と思ったらフォローしてね!


この記事を読んだ方におすすめの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

あなたにオススメの記事

ピックアップ記事一覧

カテゴリー

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事