fbpx
【PR】簡単にインフォグラフィックが作れる「venngage(ヴァンゲージ)」が便利すぎた!【YouTube】

【F8】Facebookで届いたメッセージに自動対話する「メッセンジャー ボット」

【F8】Facebookで届いたメッセージに自動対話する「メッセンジャー ボット」

Facebookの開発者カンファレンス「F8」では今年も色々なニュースが発表されました。まずは「Facebookメッセージ」に関する話題から見ていきましょう。

今回発表された中でも「Facebookメッセージ」のボットは興味を持っている方も多いのではないでしょうか?

Bots for Messenger

Facebook Messenger bots

「Bots for Messenger」は、Facebookメッセージを自動化する会話システムです。百聞は一見にしかず、参考動画↑を見てください。

文字だけでなく、画像やリンク、アクションボタンや選択項目なども設定できるようです。また、横にいくつかコンテンツを並べることもできそうです。

Facebook Messenger bots2

Facebookメッセージ上で企業側が人的対応することなく顧客と会話をすることができるのは、非常に便利ですね。LINEもボットAPIを公開しましたが、わざわざFacebookメッセージ対応などソーシャルメディア上のカスタマーサポートの人材を配置する必要がなくなる日も近そうです。

すでにFacebookメッセージでは自動返信の設定ができますが、「Bots for Messenger」が導入できれば、単なる自動返信ではなく「自動会話」が可能になり、顧客対応のレベルが上がりますね。

参考記事:Messenger Platform at F8 | Facebook Newsroom

Messenger Codes

Messenger Codes

「F8」の話ではないですが、Facebookメッセージ関連で「Messenger Codes」も最近、発表されましたね。FacebookメッセンジャーでFacebookページのプロフィールを表示させて、それを他のスマホで読み取ると、FacebookページのアカウントがFacebookメッセンジャーに追加されるというものです。

LINEで「QRコード」を使って友人を追加する場面をイメージするとわかりやすい。これのFacebookメッセージ版というところでしょう。

参考:Making it Easy for People to Find and Contact Your Business on Facebook and Messenger | Facebook for Business

WEBマスターの手帳でもMessenger Codesを作ってみました

PCでFacebookメッセンジャーを開くと画面の下に「Messengerコードをダウンロード・シェア」という表示「丸印」があります。
Messengerコードをダウンロードする

「丸印」をタップすると、Messengerコードのダウンロードができます。
Messengerコードをダウンロードする2

こちらがWEBマスターの手帳のMessengerコードです。↓WEBマスターの手帳のMessengerコード

ちなみに、どうやってスキャンするのかはよくわかりません!笑