WEBマスターの手帳 > WEB担当者 > WEBサイトで物を売るときにクレジットカード決済を導入できる決済サービスまとめ

WEB担当者

2016年1月28日

WEBサイトで物を売るときにクレジットカード決済を導入できる決済サービスまとめ

Twitter 3 Facebook 1 Google+ はてブ 5 Pocket 9 チャットワーク Eight Feedly

WEBサイトで商品を販売したい。とは言っても、商品数が多いわけではないからECサイトを作るほどでもないので、今あるWEBサイトを使って商品を販売できるようにしたい。そこで問題になるのは、決済方法です。

銀行振込にするのか、クレジットカード決済にするのか、コンビニ決済や郵便口座振込もありますよね。購入する人からすると「クレジットカード決済」が出来ると手間もかからず便利でしょう。

というわけで、WEBサイトで商品を販売する際に「クレジットカード決済」できるようにするための決済サービスをご紹介します。

スポンサード

侍エンジニア塾無料体験レッスン獲得プログラム

PayPal(ペイパル)

PayPal

PayPal(ペイパル)

言わずと知れた、決済サービスですね。まだまだ全体的な普及度は低いかもしれませんが、WEBに関わる人ならご存知でしょう。

購入者もPayPalアカウントを持っている必要がありますが、クレジットカードを直接入力しないで済むので安全ですね。

また「定期購読」にも対応しているのも魅力です。

ウェブペイメントスタンダードを使えば、HTMLソースをコピー&ペーストするだけで、かんたんに決済機能を追加することができます。

費用

  • 初期費用:0円
  • 月額利用料/年会費:0円
  • 決済手数料(国内):3.6%+40円/件
  • 対応しているカード会社:Visa, MasterCard,JCB,AMERICAN EXPRESS

Stripe(ストライプ)

Stripe

Stripe

まだ日本ではベータ版の段階で、本格始動はしていません。ですが、Jimdoも対応したことや、機能面でも個人的に一番期待をしています。

「Stripe」で、サイト内にコードを数行埋め込むだけでPayPalのようなページ遷移なしに同一画面内で決済機能を簡単に追加できる点が特徴
引用元:間もなく日本で正式開始、「Stripe」はどんな決済サービス・企業か? (1) Stripeのサービス | マイナビニュース

Stripeは年会費の支払いや月々の会費の支払いのような支払請求周期にも対応していたり、割引クーポンや複数の料金設定も可能です。
引用元:簡単ステップでウェブサイトに決済システムを導入でき、収益が最大化するよう手助けしてくれる「Stripe」 – GIGAZINE

費用

  • 初期費用:0円
  • 月額利用料:0円
  • 決済手数料:3.6%
  • 対応しているカード会社:Visa, MasterCard,JCB,AMERICAN EXPRESS

SPIKE(スパイク)

SPIKE

SPIKE(スパイク)

料金プランがシンプルなので、初めての方でも混乱は少なそうです。電子マネー(SPIKEコイン)を推しているのかな。

費用(フリープラン)

  • 初期費用:0円
  • 月額利用料:0円
  • 決済手数料:月間売上が100万円まで無料
  • 対応しているカード会社:Visa, MasterCard
SPIKE(スパイク)価格表

参照元:SPIKE(スパイク)価格表

Yahooウォレット FastPlay

Yahooウォレット FastPlay

Yahoo!ウォレット FastPay

Tポイントに対応しているのが他との違いですね。Yahooが運営元なので信頼もできそうです。

費用

  • 初期費用:0円
  • 月額利用料:0円
  • 決済手数料:3.25%
  • 対応しているカード会社:Visa, MasterCard,JCB,AMERICAN EXPRESS,Diners

LINE Pay

LINE Pay

LINE Pay 加盟店登録

現在はZOZOTOWNやFelissimoなどの大手ECサイトなどが加盟店として導入しているようです。

購入者の支払い方法が多様(クレジットカード、チャージ)で、チャージは銀行講座と連動できたり、コンビニでも可能です。

購入者は利用するために、本人確認(銀行口座の登録か証明写真のアップロード)が必要だったり、LINEアカウントの乗っ取りなどの懸念もありますね。

費用

  • 初期費用:0円
  • 月額利用料:0円
  • 決済手数料:月間売上が100万円まで無料
  • 対応しているカード会社:Visa, MasterCard,JCB,AMERICAN EXPRESS,Diners(画像から推測)
LINE Pay価格表

参照元:LINE Pay 価格表

WEBサイトに商品の購入ボタンを簡単に設置できる「STORES BUTTON」 | WEBマスターの手帳

初期費用を抑えてネットショップが作りたい時に使えるWEBサービスまとめ | WEBマスターの手帳

この記事をシェアして頂けると嬉しいです

LINEで送る
Pocket

この記事に対するあなたの評価をお教え下さい

星印をクリックして5段階評価で、この記事に対する、あなたの評価をお教え下さい。

ヒドイイマイチ普通良い凄く良い(投票数:1 、平均:4.00)
Loading...

Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

友だち追加

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  •  Web担当者の勉強会
  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事一覧

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事