WEBマスターの手帳 > ブログ > Facebookで診断する時は気をつけよう【Facebook上で、よく使う言葉は?】で考えるスパムアプリと個人情報。

ブログ

2015年12月9日

Facebookで診断する時は気をつけよう【Facebook上で、よく使う言葉は?】で考えるスパムアプリと個人情報。

Twitter 15 Facebook 1498 Google+2 はてブ 5 Pocket チャットワーク Eight Feedly

Facebookで診断系のアプリがタイムラインに流れてくると「またか」と飽き飽きしている遠藤です。ここ数日「Facebook上で、よく使う言葉は?」というアプリをよく見かけます。

自分の周りには「診断系アプリを使っている人は友達から外す」というほどの人もいますが、確かに診断系アプリを使っている人が「友達リスト」の提供をしている可能性は高いので、余計な面倒に巻き込まれないために、友達を外すというのも理解できます。

スポンサード

侍エンジニア塾無料体験レッスン獲得プログラム

なぜFacebookアプリが危険視されるのか?

Facebookアプリを利用する際に大抵は、アプリ運営元に対して「公開プロフィール」「友達リスト」「タイムライン投稿」の情報を受け取ることを許可することになります。

簡単に言うと「アプリを使用する代わりにFacebook上にある『あなたに関する情報』を見せてね」ということですね。

Facebookアプリの全てが悪というわけではありません。ただ、中には取得した情報を悪用するスパムアプリが存在するので、アプリの利用には気をつけましょう。ということです。

悪用されるとどうなる?

  • ユーザーにとって関係のないアプリやFacebookページへの「いいね!」を押すことになる
  • Facebook広告では「人のつながり」を活用しているため、安易にスパムアプリに「いいね!」してしまうことで、結果的にスパムを広めることに加担してしまう
  • 友達になっている人へ「招待」が送られてしまう
  • 自分のタイムラインに勝手に投稿されてしまう
  • アカウントの乗っ取りや偽アカウントの作成

他にも起こりえるトラブルはあると思います。「招待が送られる」「勝手に投稿されてしまう」は、今でこそ少なくなりましたが、過去には騒ぎが起こりましたよね。

過去に起こったトラブル

アプリとは関係ありませんが、Facebook自体がユーザーのスマホなどにあるメールアドレスのリストに対して「Facebookへの招待メール」をバラまいたこともありましたね。懐かしい。

もちろん、アプリを利用することでどうなるかがわかっていて、承知のうえで利用しているのなら問題はないと思います。

友達に迷惑がかかるかも

ただ、自分だけが被害に合うのならまだしも、「友達リスト」を提供することで、友達にスパムメールが飛んでしまったら友達にも迷惑をかけてしまうのは、良くありません。

アプリ:私が Facebook 上で、よく使う言葉は?

私が Facebook 上で、よく使う言葉は?

話を本題に戻して「私が Facebook 上で、よく使う言葉は?」を見てみましょう。

アプリを利用しようとすると、アプリ運営元に対する「公開プロフィール」「友達リスト」「タイムライン投稿」の情報を受け取ることを許可することを求められます。
Facebookアプリの許可

「提供する情報を変更」をクリックすると「友達リスト」と「タイムライン投稿」は提供することを許可しないようにできますが、「公開プロフィール」に関しては「必須」となっているため、アプリを利用するには許可をしなければいけません。
Facebookアプリで提供する情報を変更する

追記

イギリスに本社を構えるComparitechという会社が、このアプリがユーザーアカウントからどんな情報を取得しているのかを調べたところ、アプリの内容に本来関係ない情報まで大量に取り出していることがわかりました。

その情報とは、名前・誕生日・出身地・学歴・何に「いいね!」したか・写真・ブラウザ・言語・IPアドレス・友達リストとこんなにたくさん! こんなに情報を取られてまで、よく使う言葉を友達にシェアする意味って…
/引用元:フェイスブックでアプリを楽しんでる? もしかしたらあなたの個人情報ガッツリ取られてるかもしれませんよ : ギズモード・ジャパン

運営元「vonvon」

vonvon

vonvon

vonvonが掲載しているプライバシーポリシー

vonvonのCEO Kim氏の見解

Comparitechの記事は、アプリを使うためにはユーザーは年齢や誕生日、友達リスト、全タイムライン、写真、出身地、いいねをしたものといった個人情報を共有しなければならない点を伝えている。しかし、Kim氏は同社がそうした情報を使ってできることはほとんどないと言った。

「私たちが人々の情報を第三者に売るために捕らえようとしているのだ、といった真実ではない噂もあります。ユーザーがアプリを使う際、私たちは大きな意義をもつ情報を入手しません。ユーザーが自分のウォール上でシェアする際も、ユーザーに関する情報はほとんどありません。」

引用元:2000万ユーザーに達したワードクラウドを開発する「謎の」韓国スタートアップ「Vonvon」とは何者か? – THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

WEBを使っているだけで、あなたはトラッキングされている

ここまでFacebookアプリについてサラッと見てきましたが、個人的にはWEBを使っているだけで、個人情報はダダ漏れしていると思っています。

Googleでなにかを検索すれば、検索履歴から様々な情報が読み取れるでしょう。amazonや楽天などでネットショッピングをすれば、何を買ったのかだけでなく、どんな商品を見たのか、どんな商品に興味を持ったのかなどもわかります。

スマホでGPSをONにしていれば、現在地を元にした検索結果を表示することができますが、それは裏を返せば「どこにいるか」の記録が残るということです。

WEBサイトを訪問すれば、そのWEBサイトに来る前は、どのWEBサイトを見ていたのか、訪問したWEBサイト内のどのページを見たのかも簡単にわかります。WEBサイトに訪問した人に対して、別のWEBサイトなどの広告スペースでアプローチをすることもできますよね。

FacebookやTwitterでは「広告」が出稿できるわけですが、広告を出稿でFacebookを使う理由は「Facebookユーザー」という莫大なリストを使えるからです。さらに広告を出す際に使える「Facebookユーザーの情報」には「興味関心」「性別」「年齢」「言語」「居住地」などが含まれています。

Facebook上に「旅行」や「出来事」などの「あなたに関する情報」を充実させればさせるほど、外部からあなたのことがより細かくわかるということです。

Facebook広告の効果を上げるために、WEBサイトやショップサイトにFacebookが作成したタグを埋め込むことで、成約や購入につながった人の情報をより収集することもできます。

ニュースアプリやYouTubeなどで「ユーザーの閲覧履歴から、その人が興味があるであろう情報をお勧めする」というのも、便利である一方で、それだけ自分のことを分析されているということでもありますね。

スパムが悪であることには変わりない

確かに、Facebookアプリを利用してユーザー情報を集めて悪用することは良いことではありませんし、非難されて当然でしょう。

ですが、WEBを使う側、FacebookやTwtterなどのSNSを使う側も、それを使うことで「どんなデメリットがあるのか」「どんなトラブルが起こりえるのか」をしっかりと理解しておくべきですし、ユーザー側も外に出す情報をコントロールすべきですね。

利用しているFacebookアプリを削除するには

利用したアプリは、削除をしないかぎり連携が続きます。ですので、必要ないアプリや診断系アプリは削除しておきましょう。

削除の方法は簡単です。Facebookの右上の▼をクリックして「設定」を選びます。次に「設定」の中にある「アプリ」を選びます。
Facebookで利用したアプリを削除する

連携しているアプリが一覧表示されるので、削除したいアプリをバツ印をクリックして削除しましょう。
Facebookで利用したアプリを削除する2

関連キーワード: , ,

この記事をシェアして頂けると嬉しいです

LINEで送る
Pocket

この記事に対するあなたの評価をお教え下さい

星印をクリックして5段階評価で、この記事に対する、あなたの評価をお教え下さい。

ヒドイイマイチ普通良い凄く良い(投票数:1 、平均:4.00)
Loading...

Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

友だち追加

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

  •  Web担当者の勉強会
  • ソーシャルメディア活用チェックシートのダウンロード
  • ペルソナ作成シートのダウンロード
  • @webmaster_note
  • Instagram

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事一覧

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事