WEBマスターの手帳 > Webサイト作成 > 初期費用を抑えてネットショップが作りたい時に使えるWEBサービスまとめ

2015年12月9日

初期費用を抑えてネットショップが作りたい時に使えるWEBサービスまとめ

ネットショップを作成できるサービスは沢山ありますが、選択肢が多すぎるがゆえに、初めてネットショップを開設する場合に、どのサービスを使ったらいいのかが判断できない方もいらっしゃると思います。

今回は、なるべく初期費用をかけずにオープンできるネットショップ作成サービスをご紹介します。



BASE(ベイス)

BASE(ベイス)

年会費、月額費、初期登録料など一切かからず、無料で利用できます。費用が発生するのは決済時の手数料です。売れた分だけ費用が発生するので、売れるかどうか心配という方には「試しにやってみる」で使えますね。

BASE(ベイス) | ネットショップを無料で簡単に作成

STORES.jp

STORES.jp

フリープランとプレミアム(月額:980円)の2種類があります。お試しではなく、商品を売りたい!という方はプレミアムプランを使いましょう。

STORESは、自社のブログやWEBサイトなどに簡単に「購入ボタン」を設置できるのが良いですね。ショップサイトを新たに作らなくても、既存のWEBサイトを活用することが出来ます。
WEBサイトに商品の購入ボタンを簡単に設置できる「STORES BUTTON」 | WEBマスターの手帳

STORES.jp|オシャレなネットショップを最短2分で無料作成

Jimdo

Jimdo

FREE版でも5点まで商品を販売することが可能です。ホームページにショップ機能も追加したい場合にはオススメです。

クレジットカード決済がPayPalしか対応していませんが、近いうちに改善されるそうなので、楽しみです。

ホームページ作成サービス – Jimdo(ジンドゥー)

MOREMALL

MOREMALL

個人的に気になっているのが「MOREMALL」です。会員登録費用・月額利用料・クレジットカード手数料・銀行振込手数料・出品費用が無料です。商品販売が完了した場合のみ手数料(3.5%+40円)が発生します。

実際に使用したことは、まだないのですが、「ショップ運営ガイド」も、ちゃんと用意されていますし、スマホアプリを使ったショップ運営に力を入れているようです。

ネットショップ出店が無料のECモール moremall モアモール

どれを使うにしても抱える課題は「集客」

今回、紹介したサービスは、あくまでも「ネットショップ」という箱を持つことが出来るだけです。お店を開くことと、商品が売れることは別の話です。

多少の差はあれど、どこのサービスを使っても「集客」という課題は必ず発生します。「どうやってショップサイトにお客様を連れてくるのか?」を考えなければなりません。すでに何かしらの商売をされているのであれば、その商売と連携させるなどの戦略が必要ですね。

実際の店舗と同じです。店舗を構えただけで「商品が売れる」わけではありません。ショップサイトをオープンすることはスタートであって、ゴールではありません。ネットショップをオープンして、そこに商品を追加しただけでは「売れない」ということをお忘れなく。

関連用語:

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

あなたにオススメする記事

この記事と同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

遠藤 聡
中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。 具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事一覧

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事