動画で学ぶ【SEO対策 入門講座】Google検索で上位表示するための基礎コース|Udemy

ランディングページのデザインの参考を探せる5つのWEBサイト

この記事は、最後の更新が【2016年12月25日】のため、記事の内容が古くなっている可能性があります。

最新の記事や関連記事をお探しの方は「サイト内検索」をしてみてください。

ランディングページ作っても良いけどコーディングが面倒くさい。と面倒くさがり全開だった遠藤です。

そんな面倒くさがりもペライチというワンダフルなWEBサービスが登場し、1枚で完結するWEBページを作る機会が増えそうです。

ランディングページは構成も大事ですが、見た目のデザインも大事ですよね。そんな訳で、ランディングページのデザインのインプットに役立つWEBサイトをまとめておきます。

数の多さNo.1「ランディングページ集めました。」

ランディングページ集めました。

ランディングページ集めました。

とにかく集められているランディングページの数が多い!各業界のランディングページも揃っています。

正直、これだけ商材の種類も幅広くて、掲載されているランディングページの数が多いと、ここだけで十分かも。

色で検索できる「LP Data Base」

LP Data Base

Landing Page Database

色で検索することができます。ベースの色を元にデザインを探すのも面白いですね。

掲載されているランディングページは美容・ヘルスケア関連が多いです。

健康食品や美容関連のランディングページが揃う「LANDINGPAGE BOOKMARK」

LANDINGPAGE BOOKMARK

LANDINGPAGE BOOKMARK

健康食品や美容、エステ関連のランディングページが充実しています。

ランディングページというと「健康食品・美容」か「情報商材」なイメージが強いですよね。それだけ数も多いということなんでしょう。

スマホのLPが見つかる「LANDINGPAGE_DESIGN BOOKMARK_SMARTPHONE」

LANDINGPAGE_DESIGN BOOKMARK_SMARTPHONE

LANDINGPAGE_DESIGN BOOKMARK_SMARTPHONE

LANDINGPAGE BOOKMARKと同じ運営元のスマートフォン用のランディングページを集めているWEBサイトです。

WEBサイトだけでなく、ランディングページのモバイル対応も進んでいるんでしょうね。

ランディングページ制作会社が運営する「ランディングページ制作.jp」

ランディングページ制作.jp

ランディングページ制作.jp

ランディングページ制作会社の「制作実績」も参考になりますね。PC向けもスマホ向けもあります。商材の種類もあるので参考になります。

予算があるならプロに作ってもらった方が効率良いかもね。

自分の記事は「自分のため(ブックマーク)」の記事が結構あって、今回の記事もそれ。