WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > Facebookに動く画像(アニメーションgif)をシェアしたりWEBサイトへ埋め込む方法。

Facebookに動く画像(アニメーションgif)をシェアしたりWEBサイトへ埋め込む方法。

動く画像(アニメーションgif)がコンテンツとして面白いよという話を前回、書きました。今回は続きとして「アニメーションgif」のシェアの方法をご紹介します。

Facebookだけでなく、WEBサイトにアニメーションgifを貼り付ける時は、今回紹介する方法を使うと安定すると思います。(前回の投稿でもアニメーションgifの貼り付けに使いました)



FacebookでGifのアニメーション画像を投稿する方法

Facebookがgifに対応して、今後は順次公開中とのことなので、そう遠くない日にタイムラインにgif画像のURLを貼るだけでアニメーションが動いたり、gif画像をfacebookに直接アップロードすることでもアニメーションが動くようになるかもしれません。

参考:Facebook、GIFのサポートを開始―ウェブ上のGIFがニュースフィードで再生される | TechCrunch Japan

ですが、今にところ誰でもできるわけではないので、アニメーションgif画像を共有する一番簡単な方法をご紹介します。

Gif画像の検索サービス「Giphy」を使う

gif画像専用の検索サービス「Giphy」を使います。

Search Animated GIFs on the Web – Giphy

Giphyにgif画像をアップロードする

まずはGiphyにgif画像をアップロードします。画面右上のUPLOADをクリックしましょう。
Giphyにgif画像をアップロード

gif画像をドラッグ&ドロップ

アップロードするgif画像をドラッグ&ドロップします。
Giphyにアップロードする画像を指定する

アップロードが完了

しばらく待つと↓のように表示が変わります。これでアップロードが完了です。
Giphyにアップロードしたgif画像

シェアしたり埋め込んだりしよう

アップロードしたgif画像のしたにメニュー項目が並んでいます。FacebookのロゴをクリックすればFacebookへシェアできます。Twitterも同じく。

SHAREをクリックするとGiphyにアップロードした画像のURLなどが表示されます。
Giphyにアップロードしたgif画像をシェアする

EMBEDSをクリックすれば、埋め込み用のソースコードが表示されます。WEBサイトやブログなどに埋め込むことができます。
Giphyにアップロードしたgif画像を埋め込む

Google+やTwitterではアニメーションgifに対応がされているので、Facebookの対応が進めば、アニメーションgifがもっと活躍する時が来るかもしれません。

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


【オンライン講座】会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

会社の売り上げに貢献するSNS活用 基礎講座

企業が集客や売り上げUPに役立つためのFacebook、Twitter、Instagram、YouTube、企業ブログなどSNS(ソーシャルメディア)を活用するために必要や知識や理解を徹底解説!

企業ブログ(オウンドメディア)の重点解説も付いているので、SNS活用の初心者だけでなく、ビジネスでブログを活用したい!という方にもオススメの講座です!

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

あなたにオススメする記事

この記事を書いた人

遠藤 聡

中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。
無料のメール相談も受け付けております。詳細は無料メール相談ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事一覧

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事