動画で学ぶ【SEO対策 入門講座】Google検索で上位表示するための基礎コース|Udemy

Facebook広告で使う画像のテキスト割合が20%以内かを簡単に確認する方法

この記事は、最後の更新が【2016年10月6日】のため、記事の内容が古くなっている可能性があります。

最新の記事や関連記事をお探しの方は「サイト内検索」をしてみてください。

Facebook広告を出稿する際にはいろいろなルールがありますよね。今回は広告で使う画像についてです。

Facebook広告で一番引っかかってしまうのが画像のテキスト20%以内ルールだと思いますが、実際にテキストが占める割合が画像の20%を超えているかどうかを簡単にチェックできるのをご存知ですか?

ニュースフィード内の広告およびスポンサー記事に、テキストが20%を超える画像を使用することはできません。/引用元:Facebook広告ガイドライン

広告作成時にチェックできる

Facebook広告の作成時に画面に「20%以上がテキストになっている広告画像は承認されない可能性があります。別の画像を使用するか、テキスト確認ツールをご利用ください。」という表示があれば、「テキスト確認ツール」をクリックします。
facebookのテキスト確認ツール

するとアップロードした(広告で使おうとしている画像)を自動で判断して結果を表示してくれます。(青の部分がテキストエリア。↓の場合は完全にオーバーしてます。)
Facebook広告のテキストの割合を確認する

グリッドルールを使おう

facebookのグリッドツール

広告作成時に上記の表示が出ない場合は「グリッドツール」を使いましょう。テキスト確認ツールと同じくアップロードした画像のテキストが占める割合を確認することができます。

Facebook広告で使う画像のテキスト割合を確認→グリッドツール

参考:広告について警告を受け取りました。どうすればよいですか。 | Facebookヘルプセンター

Facebookが用意している画像を広告で使う

意外と知らない方が多いのですが、Facebookは広告で使える画像を用意してくれています。Shutterstockという写真素材サービスと提携しているので画像のクオリティも高いです。
参考記事:Big Updates for Small Businesses: New features for Advertisers and Page Admins

広告の作成時に画像を設定する時に「ライブラリを閲覧」をクリックします。
Facebook広告でライブラリを閲覧する

次に「ストック画像」をクリックするとFacebookが用意している画像が表示されます。検索窓でキーワード検索をすると様々な画像が表示されます。
Facebook広告で使う画像を選ぶ

ストック画像にある画像もテキスト20%を超えている物がありますので注意が必要です。

Facebook広告以外にも大事なことは沢山ある

ソーシャルメディアを上手く使っていくためには、Facebook広告だけでなく、Facebookページの基本情報を埋めていることやアクセス分析をしていることなど、他にも大事なことはいろいろあります。

それら大事なこと、自分では全部できていると思っていても、見落としがあるかもしれません。忘れていることもあるかもしれません。そこで、ソーシャルメディア活用で必要なこと、大事なことをリストアップして、簡単にチェックできるシートを作りました!

無料で配布していますので、以下のフォームからご登録いただきダウンロードしてお使いください。チェックしてみて、まだやっていないことがあったら取り組んでみてください。