WEBマスターの手帳 > コンテンツマーケティング > 動画マーケティング > PinterestとYouTubeは実は相性バツグン!なんだけど…

2014年10月31日

PinterestとYouTubeは実は相性バツグン!なんだけど…

昨年参加した「Video Marketing Summit(サンフランシスコ)」で参加者の方から教えてもらったことなのですが、YouTubeを取入れるならPinterestと合わせ技についてです。

ただしこれはアメリカだから成り立つ話なので2014年10月31日時点での日本では当てはまりません。とは言え情報として知っておいて損はないかなと思います。



アメリカでのピンタレストは大盛り上がり

日本ではピンタレストブームが来そうで来ない(たぶん今後も来ない:個人感)し、認知度もそれほど高くないですね。アメリカでのピンタレストの盛り上がりは「ソーシャルメディアからのトラフィックでFacebookが断然トップ―TwitterはPinterestに次いで3位 – TechCrunch」を見ても一目瞭然なのですが…

トラフィック(WEBサイトへの流入)がFacebookに次いで2位とは凄いですよね。

ピンタレストはYouTubeが大好き?

ピンタレストのアカウントをお持ちの方は左上にある検索窓の横をクリックしてみてください。
ピンタレストはYouTube大好き

「動画」という項目が用意されていますよね。ピンタレストとは写真や画像を「リピン」して自分のボード(コルクボードに写真をピン留めしてるイメージ)を作れるのですが、写真や画像だけでなく、動画もリピン出来るんです。

さらにリピンした動画は、ピンタレスト上で再生する事が出来て再生回数へも正しく反映されます。

YouTubeとピンタレストを合わせて使うメリット

YouTubeチャンネルのトップページは作り込んで行くと追加出来る「セッション」が限られていたり、動画数が増えてくると整理整頓できる限界が意外と早く来ますよね。

参考記事:ビジネスに貢献するYouTubeチャンネルづくり【トップページを充実させよう】

その点でピンタレストはボードをYouTubeの再生リストのように作ることでアカウントのトップページをYouTubeチャンネル以上に動画を整理整頓することができます。

百聞は一見に如かず!1つだけ事例をご紹介しますね。

動画マーケティングでピンタレストの活用例

ピンタレストでLionsgateBeFit

LionsgateBeFit」というフィットネスのピンタレストアカウントはボードをYouTubeの動画をカテゴリー分けするために使っています。これはとても参考になります。

ピンタレストは動画のページに行ってみると同じボード内にピンされている動画が一覧で表示されるし、ページの下には関連するピンなども表示されますよね。レイアウトがシンプルなので非常に見やすくコンテンツ間を回遊しやすい。
ピンタレストにピンした動画ページ

ピンタレストを使っていて、動画もYouTubeに投稿しているよという方は試してみても良いかもしれません。ただし商売につなげることを考えるのであれば日本国内でのピンタレストの置かれている状況やどんな人が使っているのかなど、ちゃんと見極めてくださいね。

関連用語:

この記事をシェアして頂けると嬉しいです


Webサイトのターゲット像を明確にする【ペルソナ作成シート】

ペルソナ作成シート

あなたのWebマーケティングをよりレベルアップさせよう!

Webサイトや企業ブログ、SNSであなたが相手にするのはどんな人か?それを明確にするための「ペルソナ作成シート」を無料でプレゼントいたします。

WEBマスターの手帳をフォローして最新情報をゲットしよう!

あなたにオススメする記事

この記事を書いた人

遠藤 聡

中小企業のWEB担当者&ソーシャルメディア担当者としてWEBサイトの管理運用から企業ブログ、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運用(企画&実施)を行なっております。

具体的なサービス内容はサービス詳細ページをご覧ください。

コメント

最新記事一覧

カテゴリー

ピックアップ記事一覧

人気記事ランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事