総受講生 1,2486名超え! Webマーケティングを学ぶオンライン講座

オプトアウト

オプトアウトとは

オプトアウトとは、英語で「身を引く・脱退する」という意味を持つOpt-outから生まれた言葉です。Webマーケティングにおいては、主に宣伝メールや広告などの配信から、受け取った側が各自で拒否手続きを行うことを指します。

オプトアウト形式においては、宣伝や広告メールの送信は配信する側が自由に行うことができ、その中で受信者がメールを受け取りたくない場合に受信拒否の通知をすることでメールが送信されなくなります。

宣伝や広告メールが送られることを前提として、受信者はそこから「オプトアウト」することができる、という形式です。あくまで主導権が送信者にあり、受信者にある権利は受信拒否通知のみという限られたものでした。

日本国内では、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」の平成20年12月1日に施行された改正により、それまでオプトアウト形式だった広告・宣伝メールなどの送信がオプトイン形式に変更され、ユーザーからの承諾がない状態で宣伝や広告のメールを送ると「迷惑メール」として処罰されることになりました。

他の用語を見る