総受講生 1,2486名超え! Webマーケティングを学ぶオンライン講座

AISAS

AISASとは

AISAS(アイサス)とは、顧客が何かを購入する際の行動プロセスを分析・解説するためのフレームワークのひとつです。「Attention(注意)」「 Interest(興味・関心)」「 Search(検索)」「Action(購買行動)」「Share(情報共有)」の頭文字を取った作られた言葉です。

AIDMAが標準的・短期的な購買行動を説明するものであるのに対し、AISASは「検索」「情報共有」のプロセスが加わったことで、よりインターネット上での購買行動に即した考え方になっています。

2005年に電通が商標登録した言葉であり、現代の状況に合った新しい言葉であると言えるでしょう。

AISASの5つの段階をそれぞれ説明すると下記の通りです。

  1. Attention(注意):商品やサービスを知り、認知してもらう段階です。
  2. Interest(興味・関心):商品やサービスを知ってもらった後、関心を持ってもらう段階です。
  3. Search(検索):商品やサービスに関心を持ってもらった後、見込み顧客は検索を能動的に行い、よりよくその商品を知ろうとします。
  4. Action(購買行動):実際に商品やサービスを購入します。
  5. Share(共有):商品やサービスを購入した顧客が、SNSやWebサイト上で感想などを発信します。

AISASに関連のある記事