総受講生 1,2486名超え! Webマーケティングを学ぶオンライン講座

AIDMA

AIDMAとは

AIDMA(アイドマ)とは、顧客が何かを買うときの購買決定プロセスを説明するフレームワークの名前です。「Attention(注目)」「Interest(興味)」「Desire(欲求)」「Memory(記憶)」「Action(行動)」の頭文字をとった言葉です。

このAIDMAは、アメリカの作家、サミュエル・ローランド・ホール氏によって1920年代に提唱されました。

購買決定のプロセスを5段階に分解し、顧客がどの段階にいるのかによって、顧客に合わせた戦略をとり、購買に結びつけることができます。

AIDMAのほかにもAIDAAMTULAISASなど、同様のモデルがありますが、AIDMAはとりわけ標準的・短期的な購買行動を説明しやすいモデルと言えます。

この5段階の状態は下記のように説明できます。

  1. Attention(注目):ユーザーはその商品やサービスについて知ります。
  2. Interest(興味):ユーザーは商品やサービスに興味を持ちます。
  3. Desire(欲求):ユーザーは商品を欲しいと思うようになります。
  4. Memory(記憶):ユーザーは商品について記憶します。
  5. Action(行動):ユーザーは実際に購買行動に至ります。

これらのプロセスのうち、Attentionを認知段階、Interest、DesireおよびMemoryを感情段階、Actionを行動段階と区別します。