コンテンツの質が上がる!校正・校閲、推敲ツールの「文賢」は超オススメ!【記事を読む】

プロジェクトのメンバー募集ができる5つの「募集サービス」まとめ

プロジェクトのメンバー募集ができる5つの「募集サービス」まとめ

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。チームの新規メンバーの募集プロジェクトのメンバー募集、仕事を依頼したい(発注したい)、仕事を受けてくれる人を探したいときに、どうしていますか?

仕事の発注であれば、クラウドソーシングを使っている人もいるでしょう。

納品物や成果物があれば、クラウドソーシングでもいいのですが、一緒に何かをしたい(勉強会やアイディア出しなど)ときには、クラウドソーシングは、ちょっと合っていない感じがします。

クラウドソーシング以外にも、プロジェクトのメンバー募集や、仲間集め、仕事の募集ができるWebサービスが、いろいろあります。

先日、クラウドソーシング以外で、仕事を受けてくれる外注先を探したいと思い、募集に使えるWebサービスを探してみました。今回は、それらを備忘録として、まとめておきます。

仲間集めやメンバー募集ができる「募集サービス」

今回は、いわゆるクラウドソーシングのような「仕事の受発注」をメインにしているサービスは除いて、チームやプロジェクトの仲間集め、メンバー募集をメインにしている「募集サービス」を載せます。

ここに載っていないWebサービスで、オススメのサービスがあったら、Twitterで教えてください!

bosyu(ボシュウ)

bosyu

bosyu」は、仲間探しや仕事探し、仕事の依頼、飲み会など、様々な募集をすることができます。私も「動画撮影と編集ができる人の募集」で使ってみましたが、想像以上に、応募数があり、スキルの高い人の応募がありました。

報酬付きの募集(仕事の依頼、依頼人を探す)もすることができます。

bosyuで募集できること、できないことが「ご利用ガイド | bosyu」に、わかりやすく書かれているのも、好印象です。

TEAMKIT(チームキット)

TEAMKIT(チームキット)

TEAMKIT(チームキット)は、プロジェクトメンバーを募集することに特化しています。

ITやサービス開発、コミュニティ、勉強会だけでなく「まちづくり/ローカル」のカテゴリーもあるのが印象的です。

プロジェクト概要と募集要項とタブが分かれているので、募集内容が確認しやすいです。

TEAMKITの運営会社がnote(TEAMKIT|note)で発信をしています。

TOMOSHIBI(トモシビ)

TOMOSHIBI

TOMOSHIBIは、プロジェクトに参画してくれる人を募集できるWebサービスです。

プロジェクトページを見てみると、クラウドファンディングに近い印象です。プロジェクトに参加したい場合、クラウドファンディングのように、金銭的な支援や見返りはなく、プロジェクトに参加するのみです。

プロジェクトに参画する種類(プロジェクトでの役割など)を複数設定できたり、どれくらいの人数が参画しているのかの表示があります。

Teamlancer(チームランサー)

Teamlancer(チームランサー)

Teamlancer(チームランサー)は、チームのメンバー募集や、プロジェクトのメンバー募集に使えるWebサービスです。

フリーランスや複業をしている人が多く会員になっているようで、チームを作りたいときに、チームに参加してくれるメンバーを募集するのに良さそうです。

イベントやワークショップも積極的に開催されているようです。

InstantTeam(インスタントチーム)

InstantTeam

InstantTeam(インスタントチーム)は、勉強会や一緒にアイディア出しができるチームを作って、メンバー募集ができます。

チームに、資金のサポートをする「サポーター」を募集することもできます。

Webサイトのコピーライトが2016年になっているので、現在は、積極的なサービス運営はされていないのかも?

【おまけ】Puuls(プールズ)

Puuls(プールズ)

Puuls(プールズ)は、β版なので、今後、どうなるのかわかりませんが、未来の仲間候補が集められるWebサービスです。

SNSの利用歴などから、AIがプロフィールを作ってくれて、そのプロフィールページを、他の人が「いつか一緒に仕事したい人」に追加することで、仲間探しに使えるというものです。

チームやプロジェクトのメンバーを集めるというよりは、Eightのような名刺サービスに近いかもしれません。

募集サービスを使ってみるといい出会いがあるかも

チームのメンバー募集や、プロジェクトのメンバー募集は、募集サービスを使わなくてもできます。

募集サービスを利用することで「募集」の認知拡大ができるかもしれません。

クラウドソーシングだけでなく、募集サービスも活用すると、想像していなかった「いい出会い」があるかもしれません。