コンテンツの質が上がる!校正・校閲、推敲ツールの「文賢」は超オススメ!【記事を読む】

Jimdo Creator 仕事の現場で使えるカスタマイズとデザイン教科書【献本】

Jimdo Creator 仕事の現場で使えるカスタマイズとデザイン教科書【献本】

こんにちは。遠藤(@webmaster_note)です。今回は献本を頂いたので、その本を紹介します。

Jimdo(ジンドゥー)を使って、Webサイト制作の仕事をしたい人にお勧めする1冊です。

ジンドゥークリエイター 仕事の現場で使える! カスタマイズとデザイン教科書

今回、紹介する本は「ジンドゥークリエイター 仕事の現場で使える! カスタマイズとデザイン教科書」です。

著者は3名。そのうちの1人である浅木さんより献本(@webkenbee)を送っていただきました。

本の目次

  1. ジンドゥークリエイターの基礎知識編
    • ジンドゥークリエイターを活用する準備
    • カスタマイズとオリジナルデザインの制作で知っておくこと
  2. 標準レイアウトのカスタマイズ編
    • 標準レイアウトでのサイト制作とCSSを使ったカスタマイズ
    • jQueryを使ったカスタマイズ
    • スマートフォン表示の最適化
  3. 独自レイアウトの作成編
    • 独自レイアウトの基礎知識
    • 独自レイアウトでのウェブサイト制作<基本編>
    • 独自レイアウトでのウェブサイト制作<応用編>

JimdoでWebサイト制作をしたいなら必読の教科書!

ジンドゥークリエイター 仕事の現場で使える! カスタマイズとデザイン教科書は、Jimdoを使ってWebサイト制作の仕事をしたい人にとって、至れり尽くせりの内容です。

どの説明も、1つ1つの手順が丁寧に、画面のスクリーンショットとともに説明されています。ソースコードもわかりやすくかかれています。

学習に使えるデータのダウンロードもできます!

標準レイアウトのカスタマイズ編

Jimdoには「標準レイアウト」という誰でも使えるテンプレートが用意されています。「標準レイアウトのカスタマイズ編」では、この標準レイアウトをベースにカスタマイズする方法が詳しく説明されています。

CSSのカスタマイズは、とても参考になります。

さらに、jQueryを使ってカスタマイズする方法も説明されており、HTMLとCSSだけのカスタマイズから、さらに一歩踏み込んだカスタマイズを知ることができます。

独自レイアウトの作成編

Jimdoでは、テンプレートを使わずに、白紙からHTMLとCSSを使って、Webサイトを作る(独自レイアウト)ことができます。

Jimdoには、独自のタグがあります。その独自のタグを知らず、HTMLやCSSを知っているだけでは、JimdoでWebサイトを制作することはできません。

「独自レイアウトの作成編」では、その独自タグを使って、どうやってWebサイトを作るのかが、詳しく説明されています。

Webサイト制作の仕事をしたい人にオススメ

最近はWordPressが人気ですが、Jimdoを使ったWebサイト制作には、発注者側のメリットもあります。

WordPressのWebサイトは、管理運用に、バックアップやアップデートなど、ある程度の知識が必要です。その点、Jimdoではサーバー管理やセキュリティ面でも負担がありません。

テキストや画像の差し替え、ページの作成も、WordPressよりも簡単です。

日頃、WordPressでWebサイト制作をしている人でも、クライアントによっては、JimdoでWebサイト制作をするほうが最適な場合もあります。そういった対応ができれば、クライアントに、さらに役に立てるかもしれません。

JimdoでWebサイト制作をしたいという人は、ぜひ「Jimdo Creator 仕事の現場で使えるカスタマイズとデザイン教科書」を読んでみてください。